no-image

SugarSync の便利さがたまらない!

少し前にSugarSyncというサービスを知って、よくあるオンラインストレージの一種だろうという軽い気持ちで登録だけして、使わないまま放ってあったのですが、「整理HACKS!」という本を読んで、改めてその便利さに気付かされました。

“整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣” (小山 龍介)

本気で活用しようという場合は大容量の有料サービスを利用することになるのでしょうが、無料で2GB(2010/11/13追記:5GBに拡張されました)まで利用することができます。さらに下に張ってあるリンクから登録すれば、さらに+500MBが利用可能です。

私はMacがメインですが、当然Windowsでも利用できます。

それぞれ必要なソフトウェア(SugarSync Manager)をダウンロードしてきて、アカウントを設定(メールアドレス)すればOK。

Mac上でSugarSync Managerを起動したときの画面がこれ。

screenshot_01.jpg

左側に縦に並んでいる一番上が、Mac自身。その次がWindowsPCです(WindowsPC名はちょっと恥ずかしいのでぼかし入り)。

その下にある”Magic Briefcase”というのはあとで説明します。

次に画面左上にある”Manage Sync Folders ….”をクリックします。すると、次のような画面になります。

screenshot_02.jpg

ここでオンラインストレージ上にバックアップしておきたいフォルダを指定します。

今はMac上で作業しているので、”Mac Pro”の下に”Add Folder from this computer”とボタンが表示されています。

これをクリックすると、次の画面が表示されます。

screenshot_03.jpg

今回は、例として「英辞郎データ」フォルダを対象としてみました。

screenshot_04.jpg

これでOKボタンをクリックすれば、あとは勝手にバックアップしてくれます。

screenshot_05.jpg

転送スピードが少し遅いのですが、設定画面を見てみたらこんな風になっていました。

screenshot_06.jpg

せめて中間くらいに、とも思ったのですが、スピードを上げるには有料サービスに加入しないといけないようです。

では、次にこの「英辞郎フォルダ」をWindowsPCと共有したいとしたらどうすればいいでしょうか。

これも簡単。

WindowsPC上でSugarSync Managerを起動します。

すると、MacPro上の「英辞郎データ」フォルダに”Sync”というボタンが表示されているので、これをクリックするだけ。

共有したいデータはどこに置くか?と聞いてくるので、場所を指定すれば、あとは勝手にSyncしてくれます。

sync.jpg

同期を取ると、MacPro上のSugarSync Managerからもこんな感じで見ることができます。

screenshot_09.jpg

これ以降は、MacPro上、WindowsPC上どちらかでファイルを更新すれば、自動的にSugarSync上にバックアップされ、Sync設定されている相手PCのデータも自動的に更新されることになります。

整理すると、SugarSyncのサーバ上に単体で置かれたフォルダは「バックアップ」、複数のPC間で横矢印でつながれたフォルダは「同期&バックアップ」ということになります。

長くなりますが、次に”Magic Briefcase”の説明です。

上の画面にも出てきているように、”Magic Briefcase”は既に複数のPC間で既につながれています。

ですので、とにかく「今作業中のファイルやフォルダをとりあえず同期しておきたい」というときは、ここに放り込んでしまえば、どのPCからでも取り出すことができます。

上で紹介した「整理HACKS!」でもそのような使い方が奨励されています。

サンプルファイルがいくつかすでに入っています。

screenshot_07.jpg

たとえば、Ssmple Musicにはこんな感じで音楽が入っています。

screenshot_08.jpg

なんでこんな画像をお見せしたかというと、SugarSyncのもうひとつのすごさであるiPhoneアプリをご紹介したかったからです。

SugarSyncのiPhoneアプリのアイコンはこんな感じです。

IMG_0001.jpg

これをタップすると、こんな画面が開きます。

IMG_0002.jpg

MacProをタップすると、先ほどバックアップした「英辞郎データ」を見ることができます。

IMG_0003.jpg

当然、フォルダの中身も

IMG_0004.jpg

のように、見ることができます。

“Magic Briefcase”の中も当然同じように見ることができます。

IMG_0005.jpg

Sample Musicの中身もこの通り。

IMG_0006.jpg

で、これをタップするとどうなるか。

IMG_0007.jpg

再生できちゃいます。

どうですか?

長々と解説してきましたが、複数のPC環境で仕事をしていて、データを同期したい方。MacとWindowsPCが混在している方。iPhone上でもデータの確認などをしたい方。

SugarSyncは今まで使ってきたオンラインストレージの中では最高に使いやすいと言えます。

ちょうど二日前になるのですが、SugarSyncからメールが来ていて、「今紹介キャンペーンをやってるよ」ということなので、興味を持った方は下記のリンクを辿ってみてください。下記のリンクから申し込むと、通常2GBまで無料のところ、+500MBの2.5GBで利用できるようになります(私にも500MB追加されるようです)。

※2010/11/13追記 無料で得られるディスク容量が、2GBから5GBに拡張されました! また、下記のリンクから申し込むと再び+500MBの5.5GBで利用できるようになりました。また無料アカウントでは同期できるPCが2台までに制限されていましたが、これも無制限に変更されています。このチャンスにぜひアカウントを取得してください!

https://www.sugarsync.com/referral?rf=ci3peqvacf6eh

ちなみに、iPhoneアプリは下記のリンクからどうぞ。

http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewSoftware?id=288491637&mt=8

実は私は上で紹介した「整理HACKS!」とスタパ齋藤さんから刺激(百聞は一見にしかず。こちらをご覧ください。いきなり音が出るので注意!)を受けて、たまりにたまっている雑誌類をざっくり整理すべく、ScanSnapと裁断機を発注しています。裁断機が月末になってしまうのですが、届いたら、雑誌データをScanSnapでデジタルデータ化し、SugarSync上で複数PCからの共有化を図る予定を立てています。

当然そうなると2GBの無料プランでは足りないので、年間約$100の60GBを契約する予定です。

なんだかすごく便利な時代になったもんだと思います。