退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

デジタル機器

ERATO Muse5 完全分離型イヤホンをチェック!

投稿日:

完全分離型のBluetoothイヤホンが各社から発売され、選択の余地が広がってきました。

発売されたばかりの ERATO Muse5 が届いたので、チェックして見ました。

こんな感じの箱になります。

Erato01

箱の裏はこんな感じ。

Erato02

開封すると、製品はこんな感じに収まっています。

Erato03

各社の製品と同様に、イヤホン本体とそれを収納するケースです。

ケース自体を充電することができるので、ここに収納することでイヤホンを使っていない時に充電することができます。

Erato04

マニュアルや保証書のほか、イヤーチップや充電用ケーブルが入っています。

マニュアルは多国語版ですが、日本語の記載もあります。

Erato05

本体とケースを取り出したところ。

私が使っている the Dash や Sabra Elite Sport と比較して見ました。

Erato06

ほぼ同じようなサイズだと思います。

ケースの大きさはどうでしょうか。

まずは The Dash との比較。

Erato dash

大きさはERATOの方が大きいですね。高さは The Dash が ERATO の1/3くらい。

Jabraとの比較ですが、

Erato jabra

形は違えど、容積としては同じような印象です。

ケースは、ERATOのものは蓋をパカっと外す感じ。Jabraのものは宝石箱のように開閉します。

Dashのものは横にスライドさせます。

荷物を持った状態で利用しようとすると、Jabraのものは蓋が外れないので一見良さげに思えますが、Dashのように磁石で本体とケースがくっついていないので、片方をつけている間にもう片方が若干不安定です(ちょっと浮いた感じなので)。

ERATOのものは外した蓋をどう持つかによりますが。ケースにイヤホン本体を押し込むように収納するので、片方を装着している間に、もう片方が不安定、ということはないかと思います。

個人的には、Dashのケースはスライドして外れるのですが、外したケースが持ちやすいのと、イヤホン本体が磁石でくっついているので、不安定さを感じることなく装着でき、一番気に入っています。

ケースに本体を収納した状態での重量はどうでしょうか。

ERATOではこんな感じ。

Erato07

Dashではこんな感じ。

Erato08

Jabraはこんな感じ。

Erato09

Dashは大きくて重いとの印象でしたが、Jabraがコンパクトに見えた割にERATOの方が軽いです。

イヤホン本体はどうでしょう。

まずはERATO。

Erato10

9グラム。

では The Dash。

Erato dash2

同じく9グラム。最後にJabra。

Erato jabra2

8グラム。ちょっと軽いけれど、ほとんど差はないと言ってもいいでしょう。

さて、操作性についてですが、ERATOの操作は若干複雑です。

また、Jabraと同じように耳に装着した状態で本体のボタンを押すことになります。

この製品の特徴として、3Dサラウンドというものがあるんですが、それをオンにしたり切り替えたりするには、音楽を停止した状態で、左側の本体にあるボタンを4回クリックしなければなりません。

耳に装着した状態で試してみたのですが、説明書に書かれているようなビープ音もなりませんし、単に音楽がスタートしたり止まったり。

仕方がないので、左側だけ耳から外して、4回クリックしましたが、それでもうまくいくときもあればうまくいかないときもある。

耳に装着した状態では、本体のボタンを押すと耳自体を押すことにもなりますが、これをダブルクリックではなく4回クリックって正直なところかなり難しいです。

ダブルクリックでSiriを起動、という動作も時々失敗します。

Jabraにもボタンをダブルクリック、という動作があるのですが、Jabraの場合は押すボタンが本体にちょっと飛び出た部分なので、耳全体を押すような感じにはならないのです(多少はありますが)。

ERATOの場合は、イヤホン本体の全体がボタンのようになっているので、耳自体を押すようになり、耳自体の柔らかさと相まって、とても操作しづらいのです。

やはりここは The Dash のスワイプとタップ、ダブルタップという操作方法が、最も自然です。先行商品なのに一番スマート。

音質は悪くありませんが、まだ聴き比べが不十分。

もう少し時間をかけてから、またレポートします。

ちなみに、ここ何日かはJabraばかり使っています。

操作性はDashに劣るものの、、耳にしっかり収まっている感じがいいのです。音漏れはしていないというところが気に入っています。

  

ad by Google

ad by Google

-デジタル機器
-, ,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

iPod Touchの画面をキャプチャする方法

今まで、このブログに掲載していたiPod Touchのスクリーンキャプチャですが、”Erica’s Utilities”というツールを使っていました。iPod TouchとMacとをSSH接続している …

no image

WMWifiRouterはホントに快適ですね

コナンの上映までの待ち時間、S11HTにインストールしたWMWifiRouterを起動させ、iPod TouchのSafariであちこち見て回って時間つぶしをしていました。iPod TouchのSaf …

no image

iPadの通信手段

iPadを使い始めて、早いものでもう3週間になります。 私が買ったのは当然Wifiモデル(64GB)なので、外で使うには何らかの通信手段がないとダメです。 まず第一候補として上がったのは、イーモバイル …

Appleの新製品はどれも魅力的だなあ

昨日のイベントで発表された、Appleの新製品ですが、リーク情報がいろいろ出ていたこともあり、あんまり目新しさはなかったんですが、どの製品も魅力的です。 なんといってもiPadがiPad Airとして …

BOSE QuietComfort 35 を購入しました

Boseから新しく発売されたノイズキャンセリングヘッドフォン「QuietComfort 35」を購入しました。 Boseのヘッドフォン、イヤフォンは過去にもいろいろ購入しているのですが、QC35につい …

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

Last.fm