退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

雑記

Magic Keyboard と Magic Tracpad をくっつける Magic Bridge レビュー

昔のApple製品を使っていた方はご存知かと思いますが、Macに付属していたキーボードはテンキー付きの大きめのものでしたが、いつの頃からかテンキーがなくなり、小型のキーボードが付属するようになりました。

最新のMagic KeyboardとMagic Tracpadを使っている方は多いと思います。

ほとんどの方はこの二つを並べて利用しているかとも思います。

だったら二つをくっつけちゃえ。

ということで登場したのが、この製品。

Magic Bridgeです。

こんな箱で届きます。

MB01

この裏側はこんな感じ。

MB02

この箱の写真を見ても分かる通り、キーボードとトラックパッドの左右の位置は好みに応じて取り付けられます。

MB03

早速取り付けて見たものがこちら。

キーボードの高さ調整のための枠がついているのですが、両者を取り付けると本当にぴったりサイズです。

昔のキーボードのように、両者を取り付けたまま、膝の上に置いて利用することもできそうです。

両者とも充電はLightningケーブルで行うのですが、これがよくできています。

MB04

取り付けた状態での背面です。

いくつか穴が開けられており、両者を左右どちらに取り付けた場合でも、Lightningケーブルの抜き差し、スイッチのオンオフは問題なく操作できます。

Magic Keyboardは平たいので、タイピングするには高さが低すぎるという方もいるでしょうが、単体で利用するよりもちょっとたかさが上がります。

この文章を打っている時の印象では、多少タイピングしやすくなった感があります。

まだ個人輸入に頼るしかありませんが、お値段は$35+送料。

ただの枠なので、これを高いと見るかどうか。

しっかりとした強度もあるものなので、両者を結果として並べて利用している方にはオススメです。

購入はこちらから。日本にも発送してくれます。

-雑記
-, ,