退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

デジタル機器

続・イヤフォンジャックがなくなった新しいiPhoneでイヤフォンを使う一つの方法

ちょっと前に、iPhone 7 Plus で従来のイヤフォンを利用するために、小型のDACを利用する方法について書きました。

下記の製品です。

この製品を、Lightning-USB変換ケーブルと一緒に使うことで、既存のイヤフォンを使う話だったのですが、やはり消費電力が大きくて、バッテリの減りが激しくなります。

7よりも前のIPhoneであれば、イヤフォンで音楽を聴きながらモバイルバッテリを接続するという方法も取れましたが、今度は充電するか、音楽を聴くかの選択となります。

もちろん普段はBluetoothのイヤフォンを使っているのですが、長時間の移動の時などではイヤフォンのバッテリについても考慮が必要です。

ということで、下記の製品を買って見ました。

Belkin01

Appleの周辺機器でおなじみの、Belkin社から発売された「Lightning Audio+Charge Rockstar」です。

どんなものかというと、Lightningの二股ケーブルで、一つのLightningポートにこいつを差し込んで、二つのLightning接続機器を利用することができるようにするものです。

Belkin02

中の説明書にもあるように、両方ともイヤフォン、両方ともバッテリという利用はできませんが、片方にイヤフォン、もう片方にバッテリを接続することができます。

Belkin03

長さは11.5センチ。微妙な長さです。

前回の記事に書いたDACと小型のモバイルバッテリを接続すると、こんな感じになります。

Belkin04

非常にスマートですね(^_^;)

AmazonでもAppleストアでも販売されていますが、パッケージの形が違うようです。

どちらのサイトでも評価は高くありません。

評価が低い原因としては、取り回しに難があることと、意外に断線しやすいのではないかという点です。

このケーブルも、Lightning-USB変換ケーブルも短いのはいいのですが、その短さゆえあまりケーブルを曲げることができず、無理に曲げて使うと断線の危険があります。

確かに上記の写真のように接続すれば、ハイレゾ音源もバッテリの減りをあまり気にせずに聴くことができるようになりますが、実際にここまでするかどうか。

続けて音楽を聴いた後は、耳を休ませている間に充電という使い方の方がいいのかもしれません。

まあ、一つの方法として紹介してみました。

興味がある方は試してみるのもアリかと。

-デジタル機器
-,