退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

デジタル機器

Bragi The Dash がどんどん便利になっていく

私が愛用するBluetoothイヤフォン(ヘッドセット)である Bragi社の The Dash 。

The Dashを制御する Bragi OS のバージョンが2.2に上がりました。

スクリーンショット 2016 11 23 19 19 53

今までも、右側をタップして音楽のスタート、ストップやダブルタップによる次の曲、トリプルタップによる前の曲への移動。

指を前後にスワイプすることでの音量調整。

左側は外部の音を遮断したり、透過させたり。

さらに利用中に電話がかかってきたとき、頷くと電話に出る。首を横に振ると着信拒否、という操作もできました。

新しいOSでは、上記の操作の他にできることが増えてきました。

スクリーンショット 2016 11 23 19 18 39

音楽を聴いている時、何らかの理由でストップすると、自動的に外部の音を透過させたり、音楽再生を再開すると外部音を遮断できるようになりました。

私がよくやるのは、 The Dash を装着したままコンビニに行く時。

レジでは音楽を止めて、外部音を透過させて店員さんと会話できるようにしているのですが、この操作を大幅に短縮できます。

またケースから取り出して耳に装着すると The Dash のスイッチがオンになるのですが、その際に現在時刻をアナウンスさせたりすることもできます。ただし、対応言語に日本語はないので、英語モードで使っています。

さらに面白いのは、本体ではなく The Dash を装着した状態で、右耳の付け根(?)部分をダブルタップすると、その振動を感知して、Siri が起動します。

今までも Siri を起動させることはできたんですが、本体ではなく頰をタップなんて、なかなかのアイデアだと思います。

実際試したところ、ちょっとコツは必要そうですし、はたから見ると怪しげな行動にも見えるかもしれません(^ ^)。

OSのバージョンアップ自体もバージョンが1から2に上がった際に方法が変更され、母艦に接続してアップデート用アプリを通じてバージョンアップすることができるようになっています。

所要時間も大幅に短縮され、バージョン1の頃は2時間程度かかっていたものが、今は10分弱で終了します。

非常に使いやすくて、音質もいい、この The Dash 何ですが、あとは日本語に対応して、正式な国内販売を始めてほしいと思います。

現時点で日本に発送してくれる大手ショッピングサイトはこちらになります。

今日(2016/11/23)確認したところ、ブラックがちょっとお得になっているようですが、円安なので買うタイミングとしてはどうかなあというところ。

Related Posts (YARPP)

-デジタル機器