退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

デジタル機器 音楽

BOSE QuietComfort 35 を購入しました

Boseから新しく発売されたノイズキャンセリングヘッドフォン「QuietComfort 35」を購入しました。

QC35 001

Boseのヘッドフォン、イヤフォンは過去にもいろいろ購入しているのですが、QC35については買うべきかずいぶん悩んでいました。

QC25が発売された時にはすぐに飛びついたものの、低音の迫力のなさに驚き、すぐに譲ってしまいました。

その後しばらくしてQC25に限定色モデルが出た時、ずいぶん時間が経過しているので改良されているかも、レビューも悪くないし、と考えて購入したものの、少々期待はずれ。

QC3を旅行の時には持って行っていたのですが、独自形状のバッテリを使用する関係で長時間の利用には不安があります。

音質的には気に入っていますが。

結局現在は、旅行時にはQC20を利用しています。

ノイズキャンセリング機能には全く不安もなく、音質も「抜群にいい」わけではありませんが、そこそこ鳴ってくれる。

バッテリの問題はあるものの、いざとなればモバイルバッテリで充電できる。

そもそもヘッドフォンを長時間利用していると、どんなに材質が良くても、すぐに耳が痛くなる体質なので、イヤフォンばかり使っていたのですが、今回のQC35は発売後の多くのレビューを見た結果、「買い」と判断。

で、今日届いたわけです。

上の写真がパッケージですが、箱の裏はこんな感じ。

QC35 002

思っていたよりも箱が小さい。

手持ちのQC3と比べてみました。

QC35の箱の上に、QC3のケースを乗せてみました。

QC35 003

少し横幅が出っ張りますが、ほぼほぼ同じ大きさ。

そうはいっても、QC3を知らない方には大きさがわからないので、iPhoneSEを乗せてみました。

QC35 004

iPhone SEとQC3とQC35を並べるとこんな感じです。

QC35 005

QC3とQC35のケースを開けると、こんな風に本体が収まっています。

QC35 006

QC35の方がカップの大きさが明らかに大きいですが、コンパクトに収納できます。

カバンやリュックに入れても、それほど邪魔にはならないと思います。

QC35 007

QC3はオープンイヤー型のヘッドフォンなので、耳をすっぽり覆うわけではありません。

QC35は逆に耳全体を覆ってくれます。

で、すでにご存知の方も多いとは思いますが、大きな違いは大きさだけでなく、QC35がBluetoothに対応したワイヤレスヘッドフォンであること。

もちろんマイクも付いていて、iPhoneで利用している時に電話がかかってきたら、そのまま話すこともできます。

まだ試していませんが、マルチペアリングもできるようです。

充電はマイクロUSBケーブルで行います。

電池がなくなると、付属のケーブルで接続することでワイヤードヘッドフォンとして利用できます。

QC25では単3電池1本を本体に入れるようになっていましたが、今回は充電方式です。

その割にはあまり重くはありません。

長時間の移動の際は、容量はともかくモバイルバッテリーを持っていることが多いので、いざという時の充電にも困らないと思います。

だいぶ長くなってしまったので、ペアリングやら音質やらはまた後日。

Related Posts (YARPP)

-デジタル機器, 音楽
-, ,