退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

DVD 映画

映画「64」を見ました。ネタバレあり

投稿日:

映画「64」を観ました。

NewImage

前編も公開初日に観に行き、非常に素晴らしい作品だったので、その後、やはり評価の高かったNHKドラマを「オンデマンド」で見て、さらに原作も買ったきりずっと読んでいなかったものを読みました。

原作がとにかく素晴らしいということもありますが、映画の前編も、NHKのドラマもこの原作に非常に忠実で、時には原作と一言一句同じセリフが出てくることもありました。

映画ではオリジナルのラスト、ということで前編を見た後は「早く後編が見たい」と、非常に楽しみにしていました。

しかし一方で不安も。

というのもNHKドラマが最後まで原作に忠実で、全く違和感がなかったこと。

これに対して何か話を付け足したりしたら「余計なお世話」になりはしないか。

そして後編。

公開初日は仕事で行けずに二日目に観に行きました。

正直な感想ですが、私の不安は的中しました。

余計な話が足されています。

原作でもドラマでも、あえてぼかして読む者、見る者の想像に任せている部分をはっきり映像化してしまった。

あのような話を付け加えてしまうと、三上の妻を呼んだ意味がないではないか。

三上本人が雨宮の姿をドラム缶の場所で見て話かけるなら、妻の立場がない。

原作では幸田メモも、警察にとっては痛手だが、それを逆手にとって「64」の真犯人を挙げると松岡が覚悟を決めていたのに、それもあっけない。

雨宮も目崎の下の娘に誘拐まがいのことをさせるのも「やりすぎ」の感がある。

キャストは確かに豪華だし、迫力もハンパないものがあった。

原作通りだとドラマとまったく同じになってしまうので、それは避けたいと考えるのもわかるが、ここまでやる必要があったのか。

この作品は前半の評価は高いが、後半で評価を落としているように感じてならない。

とにかく映画やドラマを見た人は原作は読んだほうがいい。

色々と考えさせられる深い作品である。

  

ad by Google

ad by Google

-DVD, 映画,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

アルゴを観に行きました

今日から公開の、アルゴ。 さっそく観に行きました。 最初はこの映画のことは知らなかったんですが、偶然聞いた映画評論家の町山智浩さんの話を聞いて、俄然観に行きたくなった作品です。 「アルゴ」という映画の …

名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー) を観に行きました

現時点で興行収入トップの「名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)」を観に行きました。 ゴールデンウィークに家族揃って見に行く、毎年恒例のお出かけです。 今までは吉祥寺で観ていたのですが、吉祥寺の映 …

海外ドラマ「フリンジ」を見終わりました

海外ドラマを見るのも、趣味の一つなのですが、やっと今日「フリンジ」を見終わりました。 「フリンジ」というのは、「非主流科学」のことで、従来の概念ではとても説明がつかないような怪奇な事件を天才科学者とF …

Huluのドラマがおもしろい(その5:ハンニバル)

Huluで放送されているドラマでも、万人向けするものもあれば、視聴者を選ぶものがあります。 今回の作品「ハンニバル」は、見る人を選びます。 映画「羊たちの沈黙」でお馴染みの、ハンニバル・レクター博士の …

ソロモンの偽証 前篇 を観てきました

「ソロモンの偽証 前篇」を観てきました。   場所はいつもの新宿ピカデリーではなく、丸の内ピカデリー。 というのも、出演者の舞台挨拶があったから。 そもそもこの原作は、文庫になる前から持っていたんです …

カレンダー

2018年2月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

アーカイブ

Last.fm