退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

DVD 映画

映画「64」を見ました。ネタバレあり

投稿日:

映画「64」を観ました。

NewImage

前編も公開初日に観に行き、非常に素晴らしい作品だったので、その後、やはり評価の高かったNHKドラマを「オンデマンド」で見て、さらに原作も買ったきりずっと読んでいなかったものを読みました。

原作がとにかく素晴らしいということもありますが、映画の前編も、NHKのドラマもこの原作に非常に忠実で、時には原作と一言一句同じセリフが出てくることもありました。

映画ではオリジナルのラスト、ということで前編を見た後は「早く後編が見たい」と、非常に楽しみにしていました。

しかし一方で不安も。

というのもNHKドラマが最後まで原作に忠実で、全く違和感がなかったこと。

これに対して何か話を付け足したりしたら「余計なお世話」になりはしないか。

そして後編。

公開初日は仕事で行けずに二日目に観に行きました。

正直な感想ですが、私の不安は的中しました。

余計な話が足されています。

原作でもドラマでも、あえてぼかして読む者、見る者の想像に任せている部分をはっきり映像化してしまった。

あのような話を付け加えてしまうと、三上の妻を呼んだ意味がないではないか。

三上本人が雨宮の姿をドラム缶の場所で見て話かけるなら、妻の立場がない。

原作では幸田メモも、警察にとっては痛手だが、それを逆手にとって「64」の真犯人を挙げると松岡が覚悟を決めていたのに、それもあっけない。

雨宮も目崎の下の娘に誘拐まがいのことをさせるのも「やりすぎ」の感がある。

キャストは確かに豪華だし、迫力もハンパないものがあった。

原作通りだとドラマとまったく同じになってしまうので、それは避けたいと考えるのもわかるが、ここまでやる必要があったのか。

この作品は前半の評価は高いが、後半で評価を落としているように感じてならない。

とにかく映画やドラマを見た人は原作は読んだほうがいい。

色々と考えさせられる深い作品である。

  

ad by Google

ad by Google

-DVD, 映画,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

Gigabeat V401

年末、帰省する前に、知り合いからGigabeat V401という機種を安価で譲ってもらいました。この機種は40GBのHDDを積んでいて、ワンセグを見たり、HDDに保存した音楽やビデオを再生できるという …

「スポットライト 世紀のスクープ」を観てきました

今年のアカデミー作品賞を受賞したことでも話題になった「スポットライト 世紀のスクープ」を観てきました。 アメリカ合衆国のボストンで、カトリック教会の聖職者によって児童に対する性的虐待が行われており、そ …

no image

やっと仁を読み終わりました

iPadでiComicを使って読んでいた「JIN―仁」をやっと読み終わりました。 仕事の昼休み時間中にしか読んでいなかったので、えらく時間がかかりましたが、なかなかおもしろい作品でした。 感想としては …

no image

バトルシップを観に行きました

昨日は休みの日に当たっていたので、ちょうど公開となった「バトルシップ」を観に行きました。 予備知識としては、地球外生命体が侵略にやってきて、海軍が戦う、ということくらい。 結論から言ってしまうと、ツッ …

no image

PS3で初めてのBlu-rayディスク再生

昨日セットアップしたPS3で、今日初めてBlu-rayディスクを再生してみました。 見た作品は「レミーのおいしいレストラン」。 これは感動ものです。Blu-rayディスクをフルハイビジョンで再生するこ …

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

Last.fm