退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

映画

「オデッセイ」を観に行きました

公開を待ち望んでいた作品「オデッセイ」を今日観に行きました。

NewImage

ストーリーとしては、有人火星探査チームが嵐の危険にさらされ撤退する時に、マットデイモン扮する主人公がトラブルに見舞われ、結果として仲間からはもう死んでしまったと思われて、火星に一人ぼっち残されてしまう、というものです。

火星に残された水も食料もわずか。

次の探査チームが来るのは4年後という絶望的な状況の中、決して諦めることなく生き抜く努力を続けていく。

こう書くと、シリアスな作品と思われるかもしれませんが、結構笑える場面があったりします。

なんとゴールデン・グローブ賞にはコメディ・ミュージカル部門に分類されています。

というのも、脱出した船長が唯一残していった音源が昔のディスコソング。

作品中に当然それらの曲が流れるんですが、ちゃんとその場面と曲がシンクロしている。

決して暗くならない。とにかくポジティブ。

こうした演出は上手いなあと感心します。

しかし、生き残っていることが地球にいるチームが知るまでにも結構日数がかかり、なおかつわかったとしても通信方法がなかなか確立できない。

救いは彼が「植物学者」であったこと。

食料問題をどう解決するのか、水はどうするのか。

ここも見ものです。

意外な国が途中から救いの手を差しのべますが、何か裏があるのかな?

どうでもいいことですが「ガムテープはどこでも便利に使えるなあ」なんてことも感じたり。

そういえば、米国ドラマ「ハウスオブカード」の女性記者役の女優さんが出ていましたね。

とにかく、これは超おすすめです。

-映画