退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

デジタル機器

Apple Pencil を使ってみました

せっかくiPad Pro を使い始めたのに、在庫が非常に少ないApple Pencil。

やっと、今日届きました。

DSC00994

すでにいろいろな方のレビューが出ていると思いますが、一応写真も貼っておきます。

箱を開けるとこんな感じで、ペンが収まっています。

DSC00995

もう一つの箱には、これが。

DSC00996

左が、通常のLightningケーブルでApple Pencilを充電するためのコネクタ。

右が替え芯です。やっぱり使っていくと減るのかな。

DSC00998

噂通り、普通のシャープペンシルとかよりもちょっと長いですね。

頭のキャップは回すのではなく、マグネットでくっついているだけなので、そのままスポッと取れます。

iPad Proとの接続は、Bluetoothなのですが、キャップを外したところにあるLightning端子をiPad Proに挿すだけで終了です。

新しいMagicキーボードなどと同じように、ペアリングは非常に楽になりましたね。

Pencil自体は、確かにちょっとツルツル感がありますが、持ちにくいことはありません。

重さもちょうどいい塩梅で、バランスも偏っていないので、使いやすいと思います。

メモで試してみましたが、感度も抜群です。

ガラス面に硬いペン先なので、コツコツした感じはありますが、従来のスタイラスのように柔らかくて太いものと比べると、圧倒的に使いやすいです。

しばらくぶりにmazecをインストールして、手書き入力もしてみましたが、実用的に使えます。App Storeのmazecの評価は最近ガタ落ちですが、iPad ProとApple Pencilとの組み合わせは悪くないと思います。

iPad Pro自体がでかいので、普段持ち歩いてメモ取りに利用する、なんてことはまずないでしょうが、会議の場に持ち込んで、手書きでメモを取るという使い方はできると思います。

問題は、普段の持ち歩きですね。

純正カバーにもペンを刺すところは付いていないので、どうやって持ち歩くかを考えないといけません。

一つ解決策として、ある商品を注文しているのですが、海外からなので到着までもう少しかかりそうです。

しかし、ずっと昔にiPhoneが発表された時にジョブズ氏がスタイラスなんていらない、というのをその日に見ていたので(現地ではないですよ)、そのAppleがスタイラスを出すなんて、ずいぶん時代は変わったなあ、という気もします。

でもいざ出すとなったら、この完成度。

これは大したものだと思います。

値段はちょっと高いけどね。

あまり絵心がないので、使う場面は少ないかもしれませんが、iPad Proを使っているなら、Pencilは必携だと思いました。

-デジタル機器
-,