退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

デジタル機器 音楽

iPod Classic で 256GbのSDカード2枚使って、512GBに容量増やしたった

投稿日:

きっかけはこちらの記事

iPod Classicの内蔵HDDを取り出して、SDカードを2枚搭載できるアダプター「iFlash-Dual」と交換することで、容量を増やそうというものです。

以前、最後の世代となるiPod Classic の160GBモデルを持っていたのですが、オークションで売ってしまっていました。

最近はApple Musicの登場で、容量の少ないiPhoneでも、それなりに多くの曲を楽しむことができるようになりましたが、やはり手持ちの曲が多いと、できれば持ち歩きたいと思うもの。

急に聴きたくなる曲もありますからね。

ということで、早速注文しました。

注文はこちらから

iPod Classicについては、オークションで比較的安価に購入できます。新品は結構高いですが、どうせ分解しちゃうので、中古で十分です。

SDカードについては、「iFlash-Dual」の製品ページに推奨カードが掲載されていますが、今回はPNYの256GB SDXC UHS-I(U3)をAmazonで購入しました。

あまり聞いたことのないメーカーだったのですが、「iFlash-Dual」の製作者によると、「値段も高くないし、パフォーマンスも良く、おすすめ」とのことです。

今回はこれを2枚買いました。

「iFlash-Dual」自体は、送料無料ですが通常郵便で配送されるので、時間がかかる場合もあるようです。

私の場合は、注文後10日程度で到着しました。

で、お休みの今日、作業してみました。

対象となるiPodはこちら。

DSC00833

中古なので、裏も傷が多い。

DSC00835

揃えたのはこんな感じ。

DSC00837

一番右が「iFlash-Dual」。そして左に向かって、iPod本体。iPodのケースを開けるための道具となります。

iPod Classicの分解の方法は、YouTubeで検索するといっぱい出てくるので、問題ありません。

厄介なのが、ケースを開けるまでなんですが、上の写真の真ん中にあるヘラみたいなものを使って、約10分程度でこんな感じにできます。

DSC00839

この写真の右下にケーブルが刺さっているのが写っていますが、これを外すとケースを開けることができます。

このコネクタについては、YouTubeの動画によっては「慎重に抜かないとコネクタが破損する」としてコネクタを精密ドライバーのようなもので押さえながら抜いているものが多かったのですが、中にはピンセットでつまんで、スッと抜いてしまう動画もありました。

私はピンセットではなく、とげぬきを使ってそっとはずしましたが、それほど苦労することなく抜くことができました。

このコネクタを抜くとこんな感じにできます。

DSC00841

内蔵HDDにくっついている青いスポンジのようなものが、おもて面にくっついていて、はがしたのですがバッテリの下に少し破れて残っています。

内蔵HDDは30ピンのコネクタ近くでケーブルでつながっているのですが、最初はこの外し方がわからず、幾つか動画を見比べて確認しました。

小さな部品なのでよく見えなかったのですが、コネクタに黒いバーが付いていて、これが寝ている状態になっているので、爪で引っ掛けて起こしてやると、HDDが外れます。

ただし、HDDも簡単に外れるような動画もありましたが、私の場合はなかなか抜けずに苦労しました。ケーブルが破損しないよう指で押さえながら、ゆっくり左右に動かしながら抜く感じです。

で、HDDが取れるとこんな感じ。

DSC00843

いろいろ見た動画では、上の写真でもう一箇所ケーブルがつながっていますが、これを外すものが多かったのですが、今回の作業ではこのコネクタを抜く必要はありません。

抜いたほうが、完全に分離するので作業しやすくはなりますが、破損のリスクは高まります。

今回使用したSDカードはこちら。

DSC00844

これを2枚、「iFlash-Dual」にさします。

DSC00846

二つのスロットがありますが、1枚だけでも動作します。その場合はスロット1だけ使います。

2枚のSDカードは同じ容量である必要もありません。

ただし、スロット1の方に速度が速いカードを挿したほうがいいと、説明書には書いてあります。

スロット1に刺さっているカードに、インデックスやカバーアート情報などが収められているからだそうです。

SDカードを挿した「iFlash-Dual」をiPod内に設置して、ケーブルをつなぎ、ケースを元どおりにして、復元の開始です。

最初の復元は、実はエラーで失敗したのですが、マニュアルにも一度iPodを再起動するように書かれていたので、MENUボタンと真ん中のボタンを長押しで再起動。

その後の復元で、元どおりになりました。

 ITunesScreenSnapz001

256GBX2とはいきませんが、なかなかの容量となりました。

iPod Classicの仕様上、第7世代のものは50000曲が上限のようです。

私のライブラリには約85000曲のデータがあり、900GB近い容量がありますが、主だったデータは持ち出すことができそうです。

再生も全く問題がなく、普段はiPhoneでBluetoothヘッドセットで音楽を聴きつつも、たまにはヘッドフォンアンプ経由でiPod Classicでより多くの曲を楽しむ、ということができそうです。

iPodの分解は確かに大変ですが、それに見合った価値があると感じました。

「iFlash-Dual」自体の金額はそれほど高くないので、余っているiPod Classicをお持ちの方は試しに使ってみてはいかがでしょうか。

 

「iFlash-Dual」

ad by Google

ad by Google

-デジタル機器, 音楽
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

やっとApple Watchが出荷された!

4月10日に予約が開始されたApple Watch。 Webでの注文開始は遅かったのですが、iPhoneのAppke Storeでの注文が先に開始されました。 開始後、約10秒くらいで注文は完了したの …

no image

Galaxy Note のカスタマイズ

Glaxy Noteはいろいろといじり甲斐があって楽しいですね。 xdaにも書かれていた、画面表示を320dpiから240dpiに変更してみました。変更自体は簡単で,マーケットからDPI Change …

WE ARE Perfume 先行プレミアム上映会に行ってきた

新宿TOHOシネマズで行われた「WE ARE Perfume WORLD TOUR 3rd DOCUMENT」の先行プレミアム上映会に行ってきました。 実際にはセブンイレブンで発券してもらったシンプル …

no image

Macbook Pro

昨年、MacMini(G4)からMacbook黒に買い換えてほとんどデスクトップマシンのように使っていましたが、先日発表のあったMacbook Proに買い換えることにしました。 新しい製品のデザイン …

Apple Watch 用クレードルが届きました

Apple Watch の充電については、付属のマグレットケーブルで済ますところなんですが、デフォルトで付属しているのが2mのケーブル。 これでは実際には長すぎです。 しかも、その辺にApple Wa …

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

Last.fm