退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

デジタル機器

iPhone 6 Plus 用に戻るボタン機能付きのガラスフィルムを貼ってみた

投稿日:

最近よく目にするようになったのが、iPhone用の液晶画面保護用のガラスフィルムで、ホームボタンの左右の何もないところに「戻る」などの機能を付けたというもの。

どんなものか興味があったので、さっそく買ってみた。

買ったのがこちら。

DSC00721

Amazonでの画面表示と全然似ていないが、そこはまあ置いておいて。

今まで貼っていたフィルムをはがして、こいつに貼り替えてみた。

見た目は特に不満もなく、指紋が前のものよりつきにくいと言うこともなく、通常利用するにはなんも問題がない。

そこでその新しい機能だが、これが面白い。

たとえば「ミュージック」アプリを使っていて、プレイリストを見ているときなど、もとの画面に戻るには左上に表示されている元に戻るマークをタッチする必要がある。

どういう理屈でそうなるのかはわからないが、ホームボタンのすぐ左をタッチすると左上をタッチしたかのように画面が戻る。

右側をタッチする場面はそうはないが、確かに反応する。

これになれてしまうと操作しやすいかも知れない。

ただし、まだ利用3日目だが「慣れ」というものはそう簡単に移行できるものではなく、どうしても戻りたいときに左上に指が伸びてしまう。

ここでちょっとした問題。

確かにホームボタンの左側をタッチすると反応が良いのだが、もともとタッチすべきところである左上の部分の感度が明らかに落ちている。

無意識に左上に指を伸ばしタッチしても無反応なのだ。

もちろんまったく無反応というわけではなく、何度かタッチすると反応する。

左上をタッチしてすぐに反応しないと、「そういえばここをタッチしなくとも、ホームボタンの左側をタッチすればいいのだな」ということを思い出す。

こんな感じになっている。

慣れというのもあるが、実際に目に見えるように表示されているものをタッチせず、何も見えないホームボタンの左側をタッチというのは微妙な違和感がある。

Android機を操作しているときは、無意識に戻るボタンを使っているのだが、iPhoneを長年使っていると、iPhoneの戻るボタンという感覚がすぐには身につかないものだ。

だんだん使っていくうちに、これがないと、という気にもなるのだと思うが、Android機からiPhoneに移行してきた人にはより違和感なく使えると思う。

決して悪い商品ではないので、これからガラス保護フィルムを購入しようと考えている人は、選択肢に入れてもいいと思う。

ad by Google

ad by Google

-デジタル機器
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

Apple キーボードに買い換えました

もう4〜5年使ってきたMicrosoft社製のキーボード&マウスのセットが、だいぶ逝かれてきました。 マウスの追従性は悪くなるし、キーボードも打った文字が出てこない、一回しか押してないキーの文字がダー …

no image

なんとiPhoneで絵文字を公式にサポート!?

下記のリンクで、今度のiPhoneのファームウェアアップデートで、日本向けに絵文字をサポートするかも知れないとのこと。 絵文字も脱獄のきっかけだけに複雑な思い。。。 でも白黒の絵文字よりも、下の画像の …

no image

スクロールの方向

サブマシンであるMacBook AirにもLionをインストールしてみました。 新しいAirは、前機種より2.5倍速いとのことですが、SSDの早さもあってか、あまり遅さを感じたことはありません。 おも …

no image

Time Capsule が来た

つい先日発表されたばかりの、新しいTime Capsuleが届きました。 今までは、AirMac Extremeベースステーションを使っていたのですが、いろいろ無線を使う機器があるにも関わらず、他の機 …

no image

Jaybird BlueBuds X を使ってみる

各方面(どの方面だ)から評価の高い、Bluetoothヘッドセット Jaybird BlueBuds X を注文していたのですが、今日届きました。 こんな感じの箱に収まっています。 本体の大きさの割に …

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

Last.fm