退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

デジタル機器

Xperia Z4 に機種変しました

2015/08/30

2年前に機種変更で使い始めた Xperia Z1。

防水性能も売りの機種のはずなのに、2年でこんなになっちゃいました。

DSC00639

ほぼ毎日持ち歩き、おサイフケータイと仕事専用電話として使っていたのですが、ある日帰宅していつものようにクレードルに乗せようとしたとき、裏蓋の一部がめくれていることに気付きました。

何とかだましだまし使っていたのですが、それから1ヶ月経過すると、完全に全体がめくれたようになってしまいました。

電話機としては機能するものの、濡れたら一発で壊れそうです。

ということで、機種変更することに。

今回は店舗に行かずに、docomoのオンラインショップで注文してみました。

変更した機種は、同じくXperia Z4。

Z5の登場もささやかれている中、Samsungを選択することには抵抗があるので、同じ系統の機種にしました。

で、届いた箱がこちら。

DSC00634

Zの時よりちょっと長方形。

iPhone 6 Plusと並べてみました。

DSC00636

iPhone 6 Plusが5.5インチ、Z4が5.2インチ。

両者ともツルッとしていて、ケースがないと滑ってしまいそうです。

今まで使っていたZからの移行も簡単。

オンラインショップで機種変更すると、新しいSIMも同梱されているのですが、このSIMをZ4に挿して説明書どおりにWebで手続きをすると、あっという間に新しいSIMが使えるようになり、Zに刺さっていたSIMが無効になりました。

非常に簡単です。

Androidなので、カレンダーや連絡先はGoogleにあるものを同期させれば良いですし、アプリについても自動的に同じ環境にしようとするところをあえて途中でストップさせ、必要なアプリだけインストール。

ちょっとしかない写真も、Googleドライブに転送しておけばおわり。

Z4の使い勝手は悪くないというか、ふつうのAndroidスマートフォンという印象で、特に印象深いものではありません。

カメラの性能も上がったようですが、もともとケータイで写真を撮らない方なので、あまりこだわりはありません。

音楽については、ハイレゾ音源に対応しているので、iPhoneよりもちょっといいかなという印象。

困った点がクレードルがなくなったこと。

以前の機種では、マグネットでくっつく給電端子があったので、クレードルに乗せて充電していたのですが、その端子がなくなりました。

純正クレードルは品切れ中。

で、探したものがこちら。

6152FkHZT8L SL1500

Amazonでの評価はなんと星一つ半!

でも私が使ってみた範囲では特に不満はありません。

汎用クレードルなので、たしかに支えが気になる方もいるとは思いますが、Z4ではちょうどいい位置で支えてくれているようです。

USBコネクタはダイヤルで上下できるので、ケースを付けた状態でもコネクタの高さを上げることで対応できます。

挿しづらいと言うこともなく、非常に便利に使っています。

データ転送にも使えるので、気に入っています。

メインのケータイはiPhoneなので、あくまでAndroidはサブなのですが、もう1回線持っています。

その回線ではNexus 6を使っているのですが、昔のAndroidよりもだいぶ使いやすくなりましたね。

-デジタル機器
-, ,