退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

デジタル機器

JayBird X2 レビュー

もう2年前になるが、Jaybird BlueBuds Xを購入した。その時の記事がこちら

その時にも記事を書いたが、音質的には良いものの、自分の耳へのフィット感がいまひとつだったため、その後に購入したBackBeat GO 2をメインとして今まで使ってきた。

有線のイヤホンも使ったこともあるが、やはりケーブルがぶらぶらしない方がいい。

音質的には有線の方がいいし、ワイヤレスのイヤホン、ヘッドホンだとバッテリの問題もある。

でもそんなデメリットを考慮しても、屋外ではワイヤレスに分があると考えている。

Jaybirdから新しいヘッドセット X2 が発売され、音質も使い勝手も向上と聞き、さっそく注文。

直販サイトから購入したので届くまで数日かかったが、24日には受け取ることができた。

こんな感じの箱である。

DSC00688

裏はこんな感じ。

DSC00693

箱はマグネットで閉じられており、こんな感じに開く。

DSC00695

前の機種の時と同じ印象。

DSC00699

真ん中のケースは、前の機種だとパカッと開く堅いものだったのに対し、今度のものは柔らかい素材で出来ています。

黒いところがフタ。

DSC00704

これを開けると、充電用のUSBケーブルとイヤフィンが大中小揃って入っている。

もう一つついている箱がこちら。

DSC00705

やはり大中小のサイズが揃ったイヤピース。

左側がシリコン製、右がこの機種用に作られたコンプライ製のイヤピースだ。

通常はその機種に適したコンプライを後から購入しないといけないが、最初からついているのはとてもいい。

というのもコンプライを使った人だとわかると思うが、フィット感も遮音性も大幅に高くなるからだ。

今回は迷わずコンプライを装着。

その状態でスイッチをオンにして、そのまま長押しでiPhoneとペアリング。

いろいろな音楽を聴いてみたが、音質的には非常に満足。

操作性も悪くない。

さて問題なのはイヤフィン。

前の機種では、これを着けると私の耳には全然フィットせず、ちょっと歩くだけで耳から落ちてしまった。

サイズをいろいろ変えて試したが、どうにも合わないのでついに外してしまった。

シリコン製のイヤピースだと、やはりしばらくするとゆるゆるになってくるので、コンプライ製に変更した。

さて新しい機種ではどうだろう。

さっそく試してみると、Mサイズでは前と同じくフィットしない。

あれこれ試した結果、右耳はSサイズ、左耳はMサイズで何とかフィットしてくれた。

ただし、シュアー掛けのスタイルにすると、どうやっても無理。

ちゃんと耳に収まらずにポロッと落ちてしまう。

もともとJaybirdの設計したイヤフィンの形は私には合っていないように思う。

DSC00710

今回はレッドを選んだが、製品そのものには満足しているものの、ちょっと作りが安っぽく感じてしまう。

Jaybirdの製品ページを見るとわかるが、スポーツをしているときに使うことを想定しているため、防汗加工が施されているようだ。このため逆に見た目が安っぽくなったのかも知れない。

8月には日本でも販売開始となっていたが、今はAmazonでも購入できるようだ。

BackBeat GO 2 よりもずいぶん高額になってしまうが、けっこうおすすめできるイヤホンだと思う。

Related Posts (YARPP)

-デジタル機器
-, ,