退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

映画

Huluのドラマがおもしろい(その3:12モンキーズ)

2015/05/04

Huluのドラマをまた見出したきっかけになったのが、このドラマ。

NewImage

知っている方も多いかも知れませんが、元々は1995年に公開された映画。

ブルース・ウィリス主演で、脇役としてブラッド・ピットが出演していました。

元々の映画のあらすじは、

ジェームズ・コールは、ウィルスによって全人類の99%が死滅し、生き残った人類も暗闇の地下に住むことを余儀なくされている2035年の未来からやってきた。

犯罪者として服役中の彼が特赦を条件に与えられた任務は、ウィルスを散布したとされる「12モンキーズ」と名乗る団体を探り、ワクチンを作るために必要となる純粋なウィルスのありかを突き止め、それを入手すること。

元々1996年に行く予定だったがタイムマシンの故障により1990年に到着した彼は逮捕され、精神病院送りとなる。

そこで出会ったのが、患者仲間のジェフリー・ゴインズと医師キャサリン・ライリー。

キャサリンはコールを妄想癖だと診断した。その後、一度未来に戻り、1996年にやってきたコールは、再びキャサリンの前に現れる。

強引にキャサリンの助けを借りて正気を保とうとしながら、コールは12モンキーズの正体をあばこうと懸命の調査を続ける。そしてゴインズが12モンキーズのリーダーであることを突き止め、接触する。細菌学者の息子であるゴインズは、かつてコールが話したことを元にウィルス散布の計画を思いついたと打ち明け、コールはますます混乱する。

事態が進展するにつれ次第にキャサリンがコールの言うことを信じるようになると、コールは今度は自らの未来での記憶を疑い始めた。そして1996年12月、いよいよウィルスが撒かれるその日がやってきた。

もともとこの作品が好きで、DVDやBlu-rayも手に入れていたのですが、ドラマとして蘇ることを知り、見ることにしました。

設定はいくつか変更され、2035年ではなく2043年が元の世界になっています。ウイルスが広がりだした時期も2015年と判断され、そこにコールが送り込まれます。

ウイルス専門の医師であるライリー博士を見つけたコールは、最初は彼女に疑われますが、だんだんと彼女はコールの話を信じるようになり、ウイルスが広がりだした背景を一緒に探ることになります。

コールは未来と過去を何度も行き来しながら、真相に迫ろうとしますが。なかなか事態は好転しません。

まだシーズン1の途中で、毎週金曜日に新しい話が追加されているところです。

現時点での最新作は第9話です。

何話まで続くのかわかりませんが、シーズン2の制作が決定したそうです。アメリカでの放送は2016年とのことなので、日本で次のシーズンが観られるのはずいぶん先になりそうです。

取りあえず毎週金曜日の夜は、新作を楽しみにしています。

オススメです。

-映画
-, ,