退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

映画

名探偵コナン 業火の向日葵 を観に行きました

2015/05/02

毎年、ゴールデンウィークに家族で観に行っている「名探偵コナン」。

今年の作品は「業火の向日葵」。

NewImage

話のあらすじはこう。

大富豪が集まるニューヨークのオークション会場で国際的名画が落札された。

それは、かつて日本で焼失したとされている、ゴッホの名画「ひまわり」。

他を寄せ付けない3億ドルという史上最高額でその絵を手に入れた鈴木次郎吉の目的は、世界に散らばる7枚の「ひまわり」を集めること。

そして過去にない大規模な展覧会を、鉄壁のセキュリティを誇る日本の美術館・レイクロックで開催することだった。

その夢のようなビッグニュースは全世界に配信され、コナンや蘭たちもその中継に見入っている。

「ひまわり」を護るスペシャリストたち、通称“7人のサムライ”が招集されようとしたその時、突如怪盗キッドが出現!必ず絵を奪うと宣戦布告して去っていった。

いつもは宝石しか狙わない怪盗キッドがなぜ絵画に興味を持ったのか。

コナンは疑問に思いつつも、キッドキラーとして次郎吉に呼ばれ絵を守ることに。

年によっては、上映中に寝てしまうこともあるんですが(^_^;、今回はそのようなこともなくそこそこ楽しめました。

画像表現は派手ですが、脚本としてはちょっと地味かな。

レビューを観ても、今回の作品はちょっと雑だし、コナン自身の推理はほとんどないという批判もけっこうあります。

点数の平均が、「クレヨンしんちゃん」よりも低いって…。

ベルトからボールが2個も出たっけな?と言う疑問もあったりして。確か1個しか出せなかったんじゃ?

まあ細かいこと抜きで楽しむ映画でしょう。

今回はいつもの吉祥寺ではなく、毎度お馴染み新宿ピカデリーで観ましたが、休日と言うこともあり満席。

子どももそれなりにいましたが、吉祥寺と違って上演中は静かでした(^_^;

来年は、黒の組織関連の話のようですね。

それまで生きてたら、また同じような時期に観に行くことになるでしょう。

-映画
-