退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

PC

Parallels 9 上で Ubuntu 14.04 を動かす

しばらく触っていなかったLinux。

Ubuntuの新しいバージョン 14.04 LTS が登場したので、久しぶりに使ってみることにしました。

ダウンロードはこちらから。

Parallesを最新のものに更新したあとで、Virtual Machine上にインストール。

ダウンロードしたisoファイルをそのまま使ってインストールできます。

インストールは順調に進み、起動してみると画面の解像度が 800×600のまま変更できません。

そういえば、Parallels Toolsをインストールしていなかったなあと思い、これをインストール。

すると再起動しても、ログイン画面は出るものの、ログイン後デスクトップに何も表示されません。

Parallels側のボタンでシャットダウンはできるものの、どうすればいいのかググってみても古いバージョンのUbuntuに関する記事ばかりで、解決方法が見つかりません。

ダメ元で某巨大掲示板のParallelsスレを見てみると、解決方法が掲載されたリンクがありました。

こちらの記事です。

簡単に書くと、Parallels上でUbuntuを起動し、ログイン画面になったら、キーボードの CTRL-ALT-FN-F1 を押下します。

するとコンソールでのログイン画面になるので、ユーザ名とパスワードを入れてログイン。

次に、cd /etc/X11 します。

ls でファイルを見てみると、 xorg.conf.の後に日付の数値が入ったファイルがあることを確認します。

これを mv コマンドで xorg.conf に名前を変更します。

次に、以下の順でコマンドを叩きます。

rm -rf ~/.config

rm -rf ~/.compiz

これで準備終了。

sudo reboot

で再起動させると、画面の解像度も任意の大きさに変更できますし、各アイコンもきちんと表示できます。

で、しばらくいじっていたのですが、私がサーバ構築をしていた数年前とはずいぶんLinuxも進化していますね。

特に目的があるわけではないので、単なる遊びなのですが、Chromeもインストールできますし、自分でサーバ構築したいということでなければ、Max OSとほとんど違和感のない操作感ですね。

とくにUbunntuオススメだよ、というわけでもなく、ただParallels上で上手く動かないという方がいた場合の記事でした。

Related Posts (YARPP)

-PC
-,