退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

映画

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャーを観てきました

2014/04/24

いつもの新宿ピカデリーに「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」を観てきました。

「アベンジャーズ」の戦いから2年後の設定で、新たな敵が登場します。

というより、仲間であるS.H.I.E.L.D.(シールド)から命を狙われることになります。

スカーレット・ヨハンソンは見方ですが、長官も暗殺の危機に!

キャプテンと同等の身体能力を持つ「ウィンター・ソルジャー」も登場しますが、その正体は意外な人物でした。

テーマとして一貫しているのは、キャプテン・アメリカの1作目と同じ。

1作目を見ていないとよくわからない部分もあるかもしれません。

本作だけでも十分楽しめますが、前作を見ておいたほうがより楽しめます。というか、見ておいたほうがいいでしょう。

2時間以上ある作品でしたが、退屈させるような場面はなく、どちらかと言えばアベンジャーズのメンバーとしては地味な存在(と私が勝手に思っている)のキャプテンの大活躍が見られます。

話が終わっても席を立ってはダメです。

次のアベンジャーズにつながる話が続きます。

あれが次のアベンジャーズの敵だとすると、なかなか苦戦しそうですね。

エンドロールが始まっても、まだ席を立ってはダメです。

あの場面があるということは、次作にも彼が登場するような気がします。

スターク社がちょっと出てくるのはご愛嬌。

Related Posts (YARPP)

-映画