退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

デジタル機器

iPad Air Cellular 128GB グレイモデルが買えてしまった!

実は11月1日に発売された IPad Air なんですが、1日は仕事で休めなかったので、朝8時のオンライン予約開始に合わせて128GBのシルバー Cellularモデルの予約をしていました。

もちろんiPhoneに合わせて、Softbank版です。

まあすぐには手に入らないだろうけど、iPhone 5sの時みたいにちょっと待てば連絡があるだろう、と簡単に考えていました。

ところが待てども何の連絡もない。某巨大掲示板でも予約したCellularが入荷されたという書き込みはまったく見かけない。

ついに11月も下旬となり、このまま12月、もしかしたら年内には無理なのではないかと考え始めていたところ、どうやらApple Storeの店舗では若干入荷があるらしいとの情報が。

たまたま今日は出張で渋谷に来たので、近くのApple Storeをのぞいて、「iPad Air 128GB Cellularモデルの在庫ってあるんですか?」と聞いたところ、店員さんがさっとiPhoneを取りだしなにやら画面を検索し始め「ああ、あと残りわずかですがグレイモデルなら在庫があります」との返事が!

どこでも品薄の商品が昼過ぎなのに残っているなんて!

と思わず「じゃあそれください」。

さすがに今度は一括というわけにはいきませんが、手続きはSoftbankショップよりもスムーズですね。いらないオプションをつけられることもなく、短時間で手続き終了。

店を出る前にケースとか見てみようかなと思い、2階に上がりましたがジーニアスバーを待つ人でごった返していました。

みんな壁際に立って待っているので、ろくに商品を見ることもできません。平日の午後なのに、すごく人が来るんですね。

で、持ち帰ったのがこの箱。

DSC00902

箱は全然代わり映えしていないですね。

DSC00903

でも横にはAirの文字がしっかり印刷されています。

箱を開けると、

WP 20131119 18 56 18 Pro

これでは前モデルと変わらない印象ですが、持ってみると「軽い」。

Retina Miniよりも軽く感じてしまう錯覚さえ起きてしまいます。画面が広くて大きいのに、ひょいっと持ち上げられるので、実重量よりも軽く感じてしまうんでしょうね。

実は販売開始当日から予約していたにもかかわらず、本体に触ったのは先日のRetina Miniを買ったときだったんです。

あまりの軽さに驚き、いっそう手に入れたい気持ちが強まりました。

あまり日を置くことなく実機を手に入れることができたのはラッキーでした。

容量も第3世代iPadでは64GBでキツキツだったんですが、さすがに128GBモデルだと現段階では非常にゆとりがあります。

主に外出用にはmini、家ではAirという棲み分けは基本なものの、どちらも外に持ち出す機会がけっこうあるので、Cellularモデルであることは必須条件でした。

iPadは初代機以外はホワイトで統一していたんですが、今回はグレイで統一ということになりました。

シルバーが欲しかったけど、グレイでも満足しています。

-デジタル機器
-,