退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

デジタル機器

plantronics社製の BackBeat GO 2 が届いた!

アメリカに注文していたBluetooth ヘッドセット BackBeat GO 2が昨日届きました。

私が注文したのは、ホワイトモデルのcharging case付きのもので、このケースと組み合わせることで、長時間運用も可能という代物です。

届いた箱はこんな感じ。

DSC00791

裏面はこんな感じ。

DSC00793

箱を開けると、本体が登場です。

DSC00795

本体を取り出すと、下にはこんな感じに付属品が入っています。

DSC00796

この左下にあるのがcharging caseで、バッテリを内蔵したケースになります。

DSC00797

このケースのふたを開けると、

DSC00798

USBケーブルがくっついており、ケースに本体を収納している間、充電できるというわけです。

ケースの充電は、ケース下部にあるコネクタに付属のケーブルを挿して行います。

DSC00799

BBXと比較してみるとこんな感じです。

DSC00800

右側がBBX、左がBackBeat GO 2です。

BBXのイヤーチップは、つけているとかえって取れやすくなってしまうのでつけていません。

BackBeat GO 2のイヤーチップにあたるものは、私の耳にもぴったりとフィットし、つけごごちは悪くありません。

さっそく音質を聴き比べてみました。

BackBeat GO 2は海外のレビューサイトに、低音が弱い、と書かれており、値段は倍近く違うけどBBXをオススメするよ、という記事が載っていたのを見ていましたが、そんなに低音が弱い印象はありません。そこそこ鳴ってくれます。

ところがこれでしばらく音楽を聴いたあとでBBXにチェンジすると、違いは明らか。

BBXの方が全体的に力強く、そしていい音で鳴ってくれます。

BackBeat GO 2単体では決して悪くないのですが、聴き比べてしまうと、BBXをほかの方にもオススメしたくなります。

ただし、装着感はBackBeat GO 2の方が良い感じです。

あまり関係ありませんが、パワーオン、オフ、ペアリングの時などに流れる女性の声は、BBXの方が若い女性、BackBeat GO 2の方が中年女性という印象です。

iPhoneにつなげて使っていますが、ペアリングはどちらも簡単です。すぐに接続できます。

リモコンの操作は若干違いはありますが、どちらも操作性に問題はありません。

パワーオンすると、「接続したよ」と教えてくれるのも同じです。安心感がありますね。

しばらくBBXを使っていましたが、フィット感とケース付という点で、しばらくはBackBeat GO 2を使ってみようかと思います。

Related Posts (YARPP)

-デジタル機器
-