退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

雑記

プロのハウスクリーニングの技術はすごい!

今の家に住み始めて10年以上が経過したため、いろいろと補修すべきところも出てきました。

近所では、外壁塗装をやり直すところも出てきて、興味があったものの100万円以上かかるらしく断念。

まずは小さなところから、ということで、エアコンと浴室の清掃を依頼することにしました。

まずは浴室。さすがに10年も経つと、カビが目立ち始めます。

手の届く範囲では、結構マメにごしごしやっていたんですが、天井や窓の周囲など、結構ひどくなってきました。

エアコンですが、一つは10年くらい前の製品。一度も清掃したことがありません。というより、リビングに競ってしてあるそのエアコンは実はほとんど使っておらず、真夏の暑いときでも窓を全開にしておくと、風が通って気持ちいい、という感じでした。

もう一台のエアコンは、子ども部屋。因果関係ははっきりしないのですが、エアコンをつけると、ゴキが出てくることがある、とのこと。

2社に見積に来てもらい、そのあたりを話したところ、エアコンは待機中も少し熱を持っており、その中にゴキが潜むことが多いそうです。室外機から入ってくることは、構造上あり得ないとのこと。最初はその辺を疑ってたんですけどね。

2社とも見積金額はほぼ一緒。

エアコン2台キャンペーン(1台1万円)というところも一緒。

家族で相談し、有名どころでもある「ダスキン」さんにお願いすることにしました。

作業は一日がかり。

というのもエアコンは、室内機をほぼ分解して清掃します。なので1台あたり2時間は必要です。

エアコンについては、清掃が終わったところで外観に変化はなく、出てくる風がさわやかになるというような、実感できる部分が少ないので、まあこういうものかと思っていました。

ところが、驚いたのが浴室。

所要時間は3時間くらいだったのですが、「終わりました」との声で確認しにいったところ、若干風呂場の手すりにか浴び跡が残っている(染みついてしまっている)くらいで、天井も含め、ピッカピカ。

天井も、少しは跡が残るかも知れません、と言われていたんですが、まったく痕跡が残っていません。

浴室全体もずいぶん明るくなったように感じ、まるで新築の家の浴室のよう。

浴室清掃の値段は2万円しないのですが、その値段以上の価値を感じました。

やはりプロは違う、と思わされた一日でした。

Related Posts (YARPP)

-雑記