退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

映画

ゼロ・ダーク・サーティを観に行きました

話題の映画「ゼロ・ダーク・サーティ」を観に行きました。

いつもの新宿ピカデリーでは上映しておらず、観たのはバルト9。

11時の回でしたが、けっこうお客さんが入っていました。

タイトルは、海軍の用語で「午前0時30分」のこと。

「オサマ・ビン・ラディン」殺害作戦が行われた時間を表しています。

この映画はその作戦そのものもリアルに描かれていますが、ラディンの隠れ家を発見するまでの経緯が緻密に描かれています。

実話に基づいた作品のようですが、主人公は若き女性分析官。実際も女性分析官が担当していたようです。

パキスタンに派遣され、情報を少しずつ得ながら、ビン・ラディンにつながるデータを見つける経緯は見応えがあります。

9・11のテロから、この作戦まで10年間。

その間もテロは続き、情報を得るためにアルカイダの幹部と接触を図った際には、女性分析官の同僚CIA局員も殺害されてしまいます。

それからの執念がスゴイ。

ついに家を突き止め、作戦が実行される。

作戦中にヘリの墜落などのアクシデントもありながら、SEALSによる作戦は成功裏に終わります。

l

作戦中のこの写真が有名ですが、映画の中でのシーンも実際に要した時間に合わせてあるそうです。

Tumblr ll0t194NuT1qa07dwo1 500

パンフレットによると、あまりのリアルさから公開が大統領選のあとに延期されたとか。

ちょっと時間は長く、途中で退屈なシーンが続くところもあるので、眠気を催すこともあるかも知れませんが、観ておいて損はない作品です。

途中のホテルのシーンでは、油断していたので席から飛び上がりそうになりました(^_^;

Related Posts (YARPP)

-映画