退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

デジタル機器

Mac用キーボードとしてLOGICOOL ワイヤレス ソーラーキーボード k760 を使ってみた

投稿日:2013年2月13日 更新日:

LOGICOOLから発売されているワイヤレス ソーラーキーボード k760 を買ってみた。

ヨドバシのポイントがたまっていたので、あまり懐具合も悪くならずにすんだ、という理由もあるが、ソーラーパネル使用で電池いらず。Macだけでなく、合わせて3つの機器に対応するというところが気に入った。

訳あって、届いてからしばらくそのまま放置していたのだが、実際に使ってみたらなかなか具合がよろしい。

何よりもキーが打ちやすい。

今まで使っていたApple純正ワイヤレスキーボードはすっかり手になじんでいたが、あのキーボードは決して打ちやすい方ではないと思う。

そのキーボードに、こちらの製品を取り付けて使用していたのだが、充電に必要なバーがだんだん邪魔になってきて、どうにかしたいとも考えていた。

そんな折りにこのキーボードの紹介記事を見て使ってみたくなったのだ。

配列はUS。私が使うキーボードはすべてUS配列なので、この点は問題なし。

かなと英数の切り替えは、KeyRemap4Macbookというツールで、スペースバーの両サイドにあるコマンドキーに割り振ってあるので、非常に快適。これになれてしまっているので、たまにWindows機を使わざるを得ないときも、スペースバーの右にある「変換」を押してしまうことがあるくらいだ。

あと、このキーボードの大きな特徴である3つの機器の使い分けだが、F1はMac、F2はiPad Mini、F3にiPhoneを割り振ってみた。

このキーボード自体は持ち歩き用ではないが、自分の机に向かっているときは、これらの機器でメモるとき、ワンタッチで接続機器を切り替えることができ、とても便利に使えている。ちなみにiOSでの日本語・英数の切り替えはコマンド+スペースでいける。

ソーラーパネルで充電とはいっても、別に日光である必要はない。部屋の蛍光灯でも十分なので、まず使えなくなることはない。

机周りもすっきりしたし、なかなかおすすめなキーボードである。

ad by Google

ad by Google

-デジタル機器
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

LUMIX DMC-CM1 に感動した! (その3)

17855-1887-295355 Lumix CM-1の操作性ですが、他のLumixではカメラ上部に、撮影モードを切り替えるダイヤルがあります。 この機種では、厚みがないのでダイヤルは設置できません …

no image

Mac Pro 強化作戦(その1)

OSXがLionになる前、6月下旬から7月にかけて、我がMac Proの強化を図っていました。 というのも、ディスク容量もいっぱいになりかけ、メモリも十分かと思いきや、Safariがどんどん食っていく …

no image

Palm Centro が届きました

2月下旬にexpansysに発注していた”Palm Centro”が、昨日到着しました。 「Centroが安い!」という情報をもとに、このページを見に行ったところ、「在庫:1個 …

no image

レーダー探知機を取り付けました

4年くらい前、ソーラータイプのレーダー探知機を購入して使っていたのですが、さすがに年数が経ってくると、GPSデータが古くなってきて、あきらかにNシステムなどが設置されているところでも無反応、ということ …

no image

Amazon Kindle が届きました

なんだか久しぶりの更新になってしまいましたが、先ほどAmazon.comに注文していた「Kindle」が届きました。 箱はシンプルデザイン。 これを開封すると、 ちなみに、本体には保護フィルムが貼って …

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

Last.fm