退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

デジタル機器

Mac用キーボードとしてLOGICOOL ワイヤレス ソーラーキーボード k760 を使ってみた

2013/02/13

LOGICOOLから発売されているワイヤレス ソーラーキーボード k760 を買ってみた。

ヨドバシのポイントがたまっていたので、あまり懐具合も悪くならずにすんだ、という理由もあるが、ソーラーパネル使用で電池いらず。Macだけでなく、合わせて3つの機器に対応するというところが気に入った。

訳あって、届いてからしばらくそのまま放置していたのだが、実際に使ってみたらなかなか具合がよろしい。

何よりもキーが打ちやすい。

今まで使っていたApple純正ワイヤレスキーボードはすっかり手になじんでいたが、あのキーボードは決して打ちやすい方ではないと思う。

そのキーボードに、こちらの製品を取り付けて使用していたのだが、充電に必要なバーがだんだん邪魔になってきて、どうにかしたいとも考えていた。

そんな折りにこのキーボードの紹介記事を見て使ってみたくなったのだ。

配列はUS。私が使うキーボードはすべてUS配列なので、この点は問題なし。

かなと英数の切り替えは、KeyRemap4Macbookというツールで、スペースバーの両サイドにあるコマンドキーに割り振ってあるので、非常に快適。これになれてしまっているので、たまにWindows機を使わざるを得ないときも、スペースバーの右にある「変換」を押してしまうことがあるくらいだ。

あと、このキーボードの大きな特徴である3つの機器の使い分けだが、F1はMac、F2はiPad Mini、F3にiPhoneを割り振ってみた。

このキーボード自体は持ち歩き用ではないが、自分の机に向かっているときは、これらの機器でメモるとき、ワンタッチで接続機器を切り替えることができ、とても便利に使えている。ちなみにiOSでの日本語・英数の切り替えはコマンド+スペースでいける。

ソーラーパネルで充電とはいっても、別に日光である必要はない。部屋の蛍光灯でも十分なので、まず使えなくなることはない。

机周りもすっきりしたし、なかなかおすすめなキーボードである。

-デジタル機器
-,