退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

映画

アルゴを観に行きました

投稿日:

今日から公開の、アルゴ。

さっそく観に行きました。

最初はこの映画のことは知らなかったんですが、偶然聞いた映画評論家の町山智浩さんの話を聞いて、俄然観に行きたくなった作品です。

「アルゴ」という映画のタイトルは、映画のタイトルから取られています。何のこっちゃ?と思われるかも知れませんが、架空のSF作品のことです。

時は1979年のイラン革命。アメリカ大使館が占拠され、長期間にわたり大使館員が人質に取られた事件は有名です。

でもその時、大使館の裏口から6名の職員が脱出に成功していました。彼らはカナダ大使の私邸にかくまわれていましたが、やがてシュレッダーで処理された写真付きの職員名簿をイラン人たちが復元し、人質の数が少ないことに気付きます。

なるべく早く救出しないと、彼らの居所がばれ、公開処刑となる可能性さえありました。

そこでCIAが考えたのが、架空の映画作戦。

スターウォーズのスカイウォーカーがいた惑星の場面は、確かどこかの砂漠で撮影されたものらしいですが、やはりこの架空の作品「アルゴ」も砂漠のシーンが必要とあって、ロケハンチームがイランにやってきたことにしてしまいます。そのチームとして6人を帰国させるというもの。

映画は本物らしくするため、ポスターも作られ、脚本も書かれ、オーディションまで行われます。つまり敵をだますには、まず味方から、というわけです。

作戦はなんとか実行されますが、幾度となく危険な目に遭い、とうとう中止命令まで出されてしまいます。

さてその成否はいかに、ということなんですが、これは事実に基づく作品で、6人は無事に帰国することははじめからわかっているんですが、特に最後の30分はハラハラし通しでした。

カナダの協力による救出、ということになっていたようですが、裏で偽の映画制作作戦が実行されていたことは18年もの間トップシークレットとなっており、公開された情報によりこの映画が作成されたそうです。

アメリカでは 、上映が終了すると同時に拍手喝采だったそうですが、確かにそれも頷ける作品です。

アカデミー賞にもノミネートされるのは確実、とも言われているそうですが、一時的に干されていた監督兼主演のベン・アフレックも見事に復活と言ったところでしょうか。

これはおすすめです。

ad by Google

ad by Google

-映画

執筆者:


コメントを残す

関連記事

アメリカのドラマ「Homeland」がすばらしい

Huluで見ていた「Breaking Bad」があまりにもすごいドラマだったので、ほかのドラマを見ようとしても、陳腐に見えてしまい見続けることができませんでした。 結局、Huluでは気に入ったものがな …

no image

ゼロ・ダーク・サーティを観に行きました

話題の映画「ゼロ・ダーク・サーティ」を観に行きました。 いつもの新宿ピカデリーでは上映しておらず、観たのはバルト9。 11時の回でしたが、けっこうお客さんが入っていました。 タイトルは、海軍の用語で「 …

いまさら「24」

なんだかんだで海外ドラマの定番である「24」。 シーズン1をずいぶん前に見て、その直後にシーズン2のDVDを友人から借りていたのだが、なかなか見ようという気にならず、そのまま数年経過した。 このブログ …

海外ドラマ「フリンジ」を見終わりました

海外ドラマを見るのも、趣味の一つなのですが、やっと今日「フリンジ」を見終わりました。 「フリンジ」というのは、「非主流科学」のことで、従来の概念ではとても説明がつかないような怪奇な事件を天才科学者とF …

no image

アメイジング・スパイダーマンを観に行きました

不定期な休みを利用して、混んでいない劇場で話題作を見るという生活になっていますが、今日は朝9時半からの回で、「アメイジング スパイダーマン」を観に行ってきました。 ほんの数年前にシリーズ完結になって、 …

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

Last.fm