退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

映画

ハンガー・ゲームを観に行きました

2012/10/14

アメリカで大人気。USのiTunesストアでサントラも高順位。

そんなによくできた作品なのかと考え、期待度が高い状態で観に行きました。

客席はまばらで、なぜ高齢者が多いのが気になりましたが、ゆったりと観ることができました。

作品ですが、2008年に発表された小説が元になっているようですが、日本で1999年に発表された小説「バトルロワイヤル」そのまんまですね。

12の地区から選出された12歳から18歳の若者同士が殺し合い、最後に残った者が富を得る、というもの。

主人公はもともと弓矢の名手で、自分の妹が選出されたことから、身代わりとしてゲームへの讃歌を志願します。

実際のゲームが始まるまでが、結構長い。ちょっと退屈しますが、後半の場面で前半の設定が生かされる面もあるので、長いのも仕方がないかも知れません。

ゲームが始まっても、話はそんなに盛り上がりません。「バトルロワイヤル」の映画版の方がおもしろいかも知れないなと思ったくらい。

結局、結末もそんなに意外性のあるものではなく、途中で眠くなるようなことはありませんでしたが、全体的に「こんなものか」という印象です。

5点満点で評価するとすれば、せいぜい2点。

正直なところ期待外れの作品でした。

なんでこれがアメリカで受けたのか理解に苦しみます。

小説はシリーズ化され、3作目まででているようですが、映画も続編が作られるんでしょうか。

Related Posts (YARPP)

-映画