退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

デジタル機器

iPhone用ヘッドフォンアンプ DeepBass(その1)

15883-1887-267238

またまた「みんぽす」さんから、ヘッドフォンアンプをお借りできました。

今度の商品は、Deffから発売されている DeepBass という製品です。

前回お借りした『Go-Dap Unit 4.0』と違い、コンパクトな設計でお値段もリーズナブルなものになっています。

箱の感じはこんなところ。

DSC00347

箱から出してみると、大きさがよく分かります。

DSC00349

iPhoneとの接続は、Dockコネクタを使用します。給電はiPod/iPhone/iPadより行う電池レス設計となっており、充電などは不要ですぐ使えます。

ご覧のとおり簡単なリモコンが付いており、次の曲、前の曲、再生、停止、音量の上下などが手元で行えるのは便利です。

新品が届いたのか2巡目なのか分かりませんが、エージングも不要で、前回の『Go-Dap Unit 4.0』のように借りたときと返したときと音の印象がだいぶ変わったのと違い、すぐに音の変化を感じ取ることができました。

まず感じるのは低音の迫力が増すこと。低音がズシンと響きます。かといって、むりやり上げているといった印象はなく、ちょうどいい感じに持ち上げてくれている印象です。ボーカルなどの音域もくっきりとしており、この価格でこれだけの効果があれば,ずいぶんコストパフォーマンスはいいと思います。

正直に言って,これだけの音の変化には驚かされました。

実は,前回の『Go-Dap Unit 4.0』をお借りしたあと、アンプ無しでの試聴が苦になっていたので、HP-P1というアンプを購入し届いたばかりなのですが、こちらはまだエージング中。

さすがにお値段の違いもあり、全体のバランスや音の鮮明さはHP-P1の方が圧倒的ですが、低音の持ち上げ方(それも自然に)はこちらの方が迫力があるといっても過言ではありません。

イヤホンやアンプにあまりコストはかけられないけど,もうワンランク上の音が聞いてみたい,という方にはもってこいの製品ではないかと感じます。さすがにiPhoneやiPod付属のイヤフォンはおすすめしませんが。

上述したとおりリモコンも付いているので、シャッフルで聞いているとき次の曲に飛ばしたりするのも楽です。HP-P1を使ってシャッフル再生しているとき、ヘビメタのあとにマタイ受難曲が続いたときは、やはり別の曲に変えたいと思っても,いちいちiPhone+HP-P1を取り出さないと操作できませんから。

もう少し聴きこんで、HP-P1との比較なども掲載できればと考えています。

15883-1887-267238

-デジタル機器
-