退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

デジタル機器

iPhone用ヘッドフォンアンプ(その1)

投稿日:2011年12月6日 更新日:

15469-1887-259058

みんぽすさんからiPhone用のヘッドフォンアンプを運良くお借りできましたので、そのレビューをしてみたいと思います。

品物は、ベンチャークラフト『Go-Dap Unit 4.0』というもので、iPhone4のケース一体型のアンプです。

今晩受け取ることができたので、さっそく開封してみましたが、バッテリチェックをしてみたところ、見事にゼロ。

なので、現在急速充電中です。

まだ音は試聴できていないので、外観からご紹介。

商品はこんな箱に入っています。

DSC00239

箱の裏面はこの通り。

DSC00241

ケースを開けると、アンプ本体が入っており(当然か)、中の箱には説明書と充電用USBケーブルが入っています。

iPhoneと並べてみるとこんな感じ。

DSC00243

iPhoneを装着するとだいぶ大きくなりそうです。

当然アンプ内蔵と言うことで、厚みもあります。

DSC00246

この厚みにはちょっと訳があって、実は1580mA/hバッテリーを搭載しており、iPhoneへの給電on/off切り換えによりiPhoneの予備バッテリーにもなります。これはなかなかグッドですね。

本体を上から見ると、こんな感じ。

DSC00247

左側が大きくへこんでいるのは、カメラ用のくぼみです。

右側真ん中の丸いつまみがボリューム。

その右がヘッドフォンジャックであり、光オーディオ出力端子でもあります。ですので、音楽を光デジタル出力することもできるので、オーディオ機器と接続することも可能になるというわけです。

ボリュームつまみの左側にあるのがトグルスイッチで、アンプモード、アンプ&iPhoneへの充電、母艦とのシンクの切り替えが行えます。

本体左側面にはバッテリの状態をLED表示させることができます。

DSC00249

小さなボタンが付いていますが、これを押すことでアンプの充電状態が分かるというわけです。

ボディ本体はアルミで覆われていますが、iPhoneをかぶせる部分はシリコンのような素材でできており、iPhoneを優しく包んでくれます。

お値段は、先日Amazonで見たときには39,800円でしたが、今見たところ歳末セールで5,000円引きの29,800円で販売されています。

さて、充電が終わったらさっそく聴いてみたいと思います。

早く充電が終わらないかな。

15469-1887-259058

ad by Google

ad by Google

-デジタル機器
-,

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

HTC Touch ProでATOK

WM用のATOKが新たに発売になるようですが、古いATOKをいつものようにTouch Proにインストールしてみました。 ATOKのCabファイルをMicro SDカードにコピーして、インストール。 …

no image

iPad用キーボードドック続報

さっそく接続してみました。 同じアップル純正ということで、ケースに入ったままで使えるかどうか最初に試してみましたが、これは無理でした。中途半端にささった状態となり、母艦がiPadを認識してくれません。 …

iPad Pro 9.7インチ 届きました

先日発表されたiPad Pro 9.7インチが届きました。 今日は仕事が忙しかったので受け取りは21時少し前。 今、iPad Air 2のバックアップから復元中です。 今回購入したのは、容量256GB …

iPhoneにバッテリーとストレージを追加する Mophie Space Pack を買ってみた

iPhoneはずっと最大容量のものを使っていますが、それでもいつも容量不足になります。 いろいろアプリを入れてしまうこともあり、音楽データがなかなか入れることができなくなったりして、音楽ちょっと、ほと …

no image

うーむ、どうも慣れない

新しいOS、Lionですが、ブラウジングしていたりブログを書いている最中に、いきなりドックにしまい込んでいたウインドウが急に全部登場してしまったりします。 どうもよくわからん挙動だな、と思っていたら、 …

カレンダー

2017年8月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

Last.fm