退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

デジタル機器

Blackberry Bold 9900 の日本語化

2011/09/13

昨日の夜、Blackberry Bold 9900の日本語ROM焼きを行いました。

試行錯誤したので、同じような体験をする人もいるかもしれないと思い、まとめておきます。

手順としては下記のとおりとなります。

1.Blackberry Desktop Softwareをインストールしておく。

インストールだけしておけばよかったのですが、私はいったんこれを起動して、9900を接続し、念のためにバックアップを取っておきました。

2.j付きROMをダウンロードしておく

公式ROMとして9900jAllLang_PBr7.0.0_rel1346_PL5.0.0.464_A7.0.0.261_Rogers_Wireless_Inc.exeが公開されています。そのほか、SK Telecomから9900jAsia_PBr7.0.0_rel1672_PL5.0.0.544_A7.0.0.353_SK_Telecom.exeが公開されています。

後者については、こちらのページで情報を知りました。

念のために二つともダウンロードしておきました。

3.ROMを解凍する

ここで一つ目の躓きがありました。C:\Program Files (x86)\Common Files\Research In Motion\Modem Drivers\RimSerial.infが書き込めない、というアラートが表示されてしまいます。フォルダのアクセス権を見ても問題ないし、二つのROMともアラートがでてしまうしで、途方に暮れました。

ググっても同じようなエラーの人はほとんどおらず、英語のページに似た状況を質問している人がいたものの回答無し。

もしかして、さっきDesktop Softwareを起動したので、終了しても常駐部分がフォルダを掴んでいるのかも、と考え、Windowsを再起動。

その後はウソのように解凍することができました。

4.C:\Program Files (x86)\Common Files\Research In Motion\AppLoader\Vendor.xmlを削除する

5.C:\Program Files (x86)\Common Files\Research In Motion\AppLoader\Loader.exeを起動する

これも当初は公式ROMで試したのですが、途中まではうまく画面表示されるものの、「あなたのデバイスに対応したファームウェアはない」と表示されてしまいました。やむを得ず公式ROMを無理矢理指定したのですが、「日本語入力」の部分がグレーアウトになっていて選択できません。

どうやら私の手元に送られてきた9900のファームウェアの方が新しいバージョンなので、バージョンダウンとなるROMの適用ができないようです。

やむを得ずSK TelecomのROMで試したところ、今度はうまくいきました。

とりあえずアプリケーションは標準のものをそのまま指定し、表示言語は英語と日本語とタイ語を指定。入力は日本語を指定(タイ語は指定せず)。

途中で、デバイスのデータをバックアップするかどうかを聞かれたら「推奨」どおりバックアップする方を選択します。

これでROM焼きがスタートします。終了までに約20分の時間がかかります。特に「デバイスの初期化を待機」では相当待たされます。

終了すると、購入当初のような画面になりますが、途中でバックアップを取っているものが復元されているので、メールアドレスは設定したとおり復元されています。

日本語入力も問題ありません。変換候補が横に表示されるのがiPnoneのようです。

で、こんな感じになりました。

QL 11911120043

当然ですが、設定画面もすべて日本語表記となるので使いやすくなります。

なんだかんだで時間を食いましたが、これで9900をサブとして使うことができます(メインはiPnone)。

 

-デジタル機器
-