退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

デジタル機器

Aluminium KeyBoard Buddy Case for iPad 2

iPad用の外付けキーボードとしては、先代iPad用のこちらがよく知られています。


"ZAGGmateキーボード(カバーにもなるiPad用キーボード)" (cosmoweb)

iPad2用にも当然出ていて、それがこちらになります。


"【iPad2】ZAGGmateキーボード(カバーにもなるiPad2用キーボード)" (cosmoweb)

私が購入したのは、完全にそれらのパクリとも言える"Aluminium KeyBoard Buddy Case for iPad 2"。中国製です。

こちらのホームページで紹介されています。値段は$49.90なので本家の半額と言ったところでしょうか。

本家のものは触ったことがないので比較できないのですが、使ってみた感じは悪くはないです。

見た目はこんな感じ。
DSC00166.jpg

iPadのサイズに合わせてあり、iPad2をふたとしてかぶせるとこんな感じになります。

DSC00163.jpg

サイズは本当にiPad2にあわせてあるので、私のように背面保護用のクリスタルケースをつけていると嵌まりません。

もちろんスマートカバーとの併用も不可です。

これはキーボードであり、iPadをかぶせることでケースにもなるという代物です。

当然、iPadを立てることが可能で、立てるとこんな感じになります。

DSC00164.jpg

iPadとの接続は、Bluetoothで行います。設定でBluetoothを開き、本キーボードのコネクトスイッチを押すだけで認識し、パスコードを入力することで接続されます。

DSC00169.jpg

これがキーボードの側面ですが、右側のスイッチがキーボードの電源スイッチ。左側がコネクトスイッチです。

いったん接続できてしまえば、文字入力はこのキーボードで入力することができます。

iPad専用のキーもあり、キーボード側にホームボタンキー、画面の輝度を変えるキー、音量の上下キー、iPodの操作キーなどが用意されているので、これらの操作をする際はキーボード側から行った方が楽です。

日本語と英語の切り替えは、コマンド+スペースで行えるので操作は簡単です。

Pagesを使って文字入力をしてみましたが、MacBook Airを簡略化したような感じで使い心地は悪くありません。

ただし、ふちが邪魔になって、スペースバーがちょっと押しづらいかな。

本体そのものの重さも350g弱なので、iPadと合体させて持ち歩いてもそんなに荷物になりません。

海外通販になりますが送料を入れても、今の円高状況下では約5000円。

悪くはない買い物です。

動画もありました。

Related Posts (YARPP)

-デジタル機器