退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

デジタル機器

iPad2用にスタイラスを買いました

2011/07/14

iPadでのメモ取りを効率化するために、スタイラスを購入しました。

もともとiPnoneやiPadは指で使うものという前提で今まで利用してきましたが、やはりメモ取りとなると紙にはかないません。

急いでいるときなど、その辺のメモ用紙にチャチャッとメモするなんてこともよくあります。

そんな用途にまではiPadやiPnoneを使おうとは思いませんが、講義や研修、または会議などで、メモを取りたいときなど、紙のノート代わりにiPadを使える場面もあるでしょう。

そんなときはiPadのノートアプリに指で書くというのは、なんとなく抵抗があるというか、端から見てバカらしく見えるというか。

スタイラス市場もだいぶ活性化してきていて、数十種類の製品が発売されているようですが、一つ一つの金額が高くなくとも、自分にとって使いやすいスタイラスを探すのに、何本も購入するわけにも行きません。

そこで、今回はこちらのページを参考に、製品を検討してみました。

さすが倉園さんだけあって、スタイラスへのこだわりは抜きん出ています。

この記事に出ている製品で、気になったのはWacomのBamboo Stylusと、SGP KuelのH10という製品。

でもWacomの製品はAmazonのレビューではあまり高評価じゃないんですよね。

で、過去の記事を含めて倉園さんのベスト12の第1位である「Hard Candy」をチョイスしてみました。

購入したのは「アップルプレミアムリセラー 吉祥寺ストア」。

電話で在庫があるのを確認して、取り置いてもらいました。

パッケージはこんな感じ。

R0011187.JPG

左右対称で両方にキャップがついています。

ロゴを正面にして左のキャップを開けるとスタイラスの登場です。

R0011192.JPG

逆に右のキャップを開けると、ボールペンが使えます。

R0011193.JPG

ボールペンの書き味は試していませんが、スタイラスとしてはもう少し滑りがほしい感じ。スラスラと書くというよりも、少し引っかかる印象です。

ペン先もできるならもう少し細めにできないものかと感じてしまいます。アプリ側でペンの太さを設定できるものについては、それなりに細くかけますが、太いペン先なので画数のある漢字を字間を詰めて書くのはちょっと難しいです。

あとはご覧の通り左右対称で、ワイシャツなどのポケットに挟み込む部分がないので、携帯しづらいかも。

倉園さんと同じように、こちらは鞄にいつも入れておき、自宅用はまた別製品、という使い分けがいいのかも。

Related Posts (YARPP)

-デジタル機器
-,