退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

星を継ぐもの

ジェイムズ・P・ホーガンの大傑作「星を継ぐもの」が出版されたのは、なんと1980/5/23なんですね。

そのときかどうかは、今となってはよく覚えていないのですが、相当昔にこれをはじめとするシリーズ(「ガニメデの優しい巨人」「巨人たちの星」)を夢中になって読んだことを覚えています。

月面調査員が真紅の宇宙服をまとった死体を発見した。綿密な調査の結果、この死体は何と死後五万年を経過していることがわかった。果たして現生人類とのつながりはいかなるものなのか。やがて木星の衛星ガニメデで地球のものではない宇宙船の残骸が発見された……。

なんてワクワクするじゃないですか。

この傑作SFが漫画化されていたんですね。あまり本屋でもマンガコーナーに行かないのと、マンガ雑誌も読んでいないので全然知りませんでした。

Amazonのレビューによると、原作を少し改編してあるようですが、基本的には原作に沿った展開になっているようです。この連載が「巨人たちの星」まで続くとしたら、壮大なシリーズになることでしょう。

今から楽しみです。



Related Posts (YARPP)

-