退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

星を継ぐもの

投稿日:

ジェイムズ・P・ホーガンの大傑作「星を継ぐもの」が出版されたのは、なんと1980/5/23なんですね。

そのときかどうかは、今となってはよく覚えていないのですが、相当昔にこれをはじめとするシリーズ(「ガニメデの優しい巨人」「巨人たちの星」)を夢中になって読んだことを覚えています。

月面調査員が真紅の宇宙服をまとった死体を発見した。綿密な調査の結果、この死体は何と死後五万年を経過していることがわかった。果たして現生人類とのつながりはいかなるものなのか。やがて木星の衛星ガニメデで地球のものではない宇宙船の残骸が発見された……。

なんてワクワクするじゃないですか。

この傑作SFが漫画化されていたんですね。あまり本屋でもマンガコーナーに行かないのと、マンガ雑誌も読んでいないので全然知りませんでした。

Amazonのレビューによると、原作を少し改編してあるようですが、基本的には原作に沿った展開になっているようです。この連載が「巨人たちの星」まで続くとしたら、壮大なシリーズになることでしょう。

今から楽しみです。



ad by Google

ad by Google

-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

「2010年南アフリカW杯が危ない!」

書店でうろうろしていたら、「2010年南アフリカW杯が危ない!」という新書を見つけました。 もともとバックパッカーだった私は、当初のアジアからアフリカに徐々に興味が移っていったものの、やはり遠くてなか …

no image

旅行中に読んだ本

今回の旅行では、 “プリオン説はほんとうか?―タンパク質病原体説をめぐるミステリー (ブルーバックス)” (福岡 伸一) “生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 …

no image

「歩くバンコク」がiPadアプリになっていた!

2007年8月までは毎年行っていたタイ。 それ以来、家庭の事情もありタイには行っていないのですが、この「歩くバンコク」という本は毎年買っていました。 簡単に言えば単なるガイド本なのですが、BTS(バン …

no image

この国が忘れていた正義

文春新書から出ている「この国が忘れていた正義」を読み終わりました。 この国が忘れていた正義 (文春新書 (582))中嶋 博行文芸春秋2007-07定価 ¥ 746おすすめ平均: ι?? powerd …

no image

環境問題はなぜウソがまかり通るのか

この本が出たことを新聞の広告で知り、すぐに注文したものの、続編が出る頃になってやっと読み終わりました。 環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks (024))武田 …

カレンダー

2017年8月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

Last.fm