退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

「歩くバンコク」がiPadアプリになっていた!

投稿日:

2007年8月までは毎年行っていたタイ。

それ以来、家庭の事情もありタイには行っていないのですが、この「歩くバンコク」という本は毎年買っていました。

簡単に言えば単なるガイド本なのですが、BTS(バンコクの主要ポイントを走るモノレールのようなもの)や地下鉄の駅ごとに、おいしいレストランやマッサージ屋などが紹介されています。

ローカル度といって、外国人がどれくらいくる店(要は観光客向け)かどうかが書かれていたりするので、ほとんどタイ語しか通用しないようなローカル度90%といった店も掲載されています。

高級スパや装飾品の店の紹介もされており、主な読者層としては女性向きかもしれません。

屋台のお店がたくさんある場所が載っていたりもするので、普通のレストランはもう飽きた、という人にもお勧めです。

毎年新しいお店が紹介されており、地図もわかりやすいので、ついつい行く気になって買ってしまう、というわけです。

でもこれがiPadアプリになっているとは知らず、たまたまみつけてびっくり。

次にいつタイに行けるかわかりませんが、iPadの中に忍ばせて、ちょっとしたスキマ時間に「どこに行こうかなあ」と考えるのも楽しいです。

ソウルや香港版もあるので、バンコク以外に行かれる方もちょっと内容を見てみてはいかがでしょうか。

歩くバンコク 2010-2011 App
カテゴリ: ブック
価格: ¥700

歩くソウル2011-2012 App
カテゴリ: ブック
価格: ¥700

歩く香港 2010-2011 App
カテゴリ: ブック
価格: ¥700

ad by Google

ad by Google

-

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

「2010年南アフリカW杯が危ない!」

書店でうろうろしていたら、「2010年南アフリカW杯が危ない!」という新書を見つけました。 もともとバックパッカーだった私は、当初のアジアからアフリカに徐々に興味が移っていったものの、やはり遠くてなか …

no image

今日、Amazonから届いた本

今日はAmazonから、次の本が届きました。 “反転―闇社会の守護神と呼ばれて” (田中 森一) 元東京地検の敏腕検事だった著者が、弁護士に転身してから、さまざまな事件に関わっ …

no image

「猛毒大国」中国を行く

なかなかショッキングな本です。 ギョーザ事件以来、中国製食品は危ないという認識は定着してきていますが、ここまですさまじいとは… 第1章の「春雨」。はっきり言って怖いです。 この本を読んだ直 …

no image

レバレッジ・リーディング

この本が出た直後に、本屋で見かけて、なんとなく気になったので、買ってみました。 しばらく積ん読だったのですが、けっこう高い評価の本のようなので、読んでみました。 うん、なかなか面白い。しかも本をどんど …

no image

この国が忘れていた正義

文春新書から出ている「この国が忘れていた正義」を読み終わりました。 この国が忘れていた正義 (文春新書 (582))中嶋 博行文芸春秋2007-07定価 ¥ 746おすすめ平均: ι?? powerd …

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

Last.fm