退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

デジタル機器

Vulkano FLO を使ってみました

今までiPnoneやiPadでテレビを見たいなどと考えたことはなかったのですが、長い待ち時間などにテレビが見れてもいいかな、と思い始めていました。

といってもワンセグアダプタを買って取り付けるのも邪魔だし、今度アイオーデータから出るらしいWIFIでつなぐタイプのチューナはどうかなと考えていました。

そんな折見つけたのが、こちらの記事

iPnoneやiPad用のプレイヤも販売されています。

価格もSlingBoxと比べてもだいぶ安い。

保証期間によって値段は変わってきますが、試してみる価値あり、と考え導入してみました。

上記記事に従って設定を進めるも、我が家のように1階にテレビ(CATVチューナー)、2階にパソコンがおいてあり、1階の機器は無線で2階のルータに接続されている、という環境では、何度やってもセットアップに失敗します。

セットアップは確かに有線でつなげ、と書いてあるのですが、原理的には同じはずなのになぜか不調。

やむなく本体のみを2階に持ってきて、LANケーブルでつないでみたところ、あっさりと設定終了。設定さえ終わってしまえば、本体との接続は無線で行います。

もともと米国の機器で、チューナなどの設定をメーカで検索できたりするんですが、日本の機器は入っていないので、リモコンのキー割り当てを一つずつ自分で設定しないといけません。

これが面倒な作業なんですが、これさえ終わってしまえば、あとは1階に持って行き、CATVチューナーと接続しておしまい。

肝心のプレイヤですが、室内で見る分にはWIFI経由なので、特にコマ落ちなどはありません。快適に視聴できます。ただし起動するたびにワイド画面に設定し直さないといけないのは面倒。

iPadとiPnoneで見てもきれいに見ることができます。

それでは3G回線経由の場合はどうかを試してみました。

iPadではプレイヤ起動直後はしばらくバッファリングしていましたが、最初は音声、続いて画像が映り始めます。少し時間が経つと安定して見られるようになりますが、iPadの画面の大きさでは画像は、何とか見られる、という程度。ちなみに私のiPadはドコモ回線です。

iPnoneではどうかと試してみたところ、画面の大きさ故か、それなりに見られる画面です。表示されている文字も特に問題なく読むことができます。

ワンセグチューナと違って、自宅のCATVチューナーを操作できますから、撮りためた番組を見ることもできます。また、WOWOWなども見ることができます。

これで出先でのスキマ時間にもテレビを楽しむことができるようになりました。

設定が少し面倒ですが、機器としてはけっこうおすすめです。

オリジナル商品 挑戦者「VULKANO FLOW」

Related Posts (YARPP)

-デジタル機器