退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

映画

インセプションを観に行きました

話題のインセプションを観に行きました。

平日の夜だというのにほぼ席は満席。人気の高さをうかがえます。

「他人の脳の中に侵入する」という予備知識しかなかったのですが,これが実におもしろい作品でした。

対象者と一緒に眠りに落ち、同じ夢を見ることで,その夢の中で相手の持つアイデアを盗み出すというもの。それも夢の中で,さらに眠りに落ちもっと深い夢を見させることで相手の潜在意識に近づいていく,というアイデアは気に入りました。

結局、主人公コブ(ディカプリオ)は観光客サイト−(渡辺謙)の考えを盗み出すことに失敗し,代わりにサイトーから仕事の依頼を受けます。やむなく仕事を依頼を受けたコブはチームを編成して,対象となる,とある会社の御曹司の脳に侵入し,考えを盗むのではなく,考えを植え付けに行きます。これがインセプションです。

インセプションを単に辞書で引くと「発端」という意味になりますが、この映画では,考えを植え付け対象者の人生を変えてしまう意味にとして使われています。

この考えを植え付けに行く際、何層もの夢深く降りていきます。深く降りていけば行くほど,現実世界と時間が乖離していきます。現実世界ではわずか数秒の出来事が,夢の世界では数十倍もの時間に引き延ばされていきます。

ミッションはさまざまな障害にぶつかります。特にコブの妻が鍵を握っていたりします。なぜコブの妻が登場するのかは見てのお楽しみ。

ラストはなんとも言えない終わり方をします。うーんもどかしい。

この映画では主役のディカプリオ、渡辺謙はもとより、脇を固める俳優陣もすばらしい陣営です。

また、複雑な映画ですが,脚本がよくできています。アイデアもすばらしい。もう一度見に来たくなる映画です。はまります。

たぶん私と同じように感じている人も多いのでしょう。アメリカのiTunesストアのアルバムチャートで昨日見たときは,サントラが11位になっていましたが、一時は6位か7位くらいまで上がっていました。映画を見た人が、あの感動をもう一度思い出したいと買う人が多いのかなと思っています(私も買いました)。

この夏一番のオススメ映画です。

Related Posts (YARPP)

-映画