退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

デジタル機器

iPad用キーボードドック続報

さっそく接続してみました。

同じアップル純正ということで、ケースに入ったままで使えるかどうか最初に試してみましたが、これは無理でした。中途半端にささった状態となり、母艦がiPadを認識してくれません。いちいちケースから外すのも面倒。

とはいうものの、いつもキーボードが必要なわけではないので、必要なときだけケースから取り出して使う、という運用になりそうです。

使用感は、Mac用のワイヤレスキーボードと変わりません。

ファンクションキーの機能がiPad用に特化されていることだけが違うだけのように思います。

心配していた日本語モードとの切り替えは、コマンドキー+スペースキーでOKです。このキーコンビネーションで、iPadの画面に言語の切り替えメニューが出るので、日本語をタッチしてやれば日本語入力を行えます。もしかしたら画面をタッチしなくてもカーソルキーで選択してもいいのかな?

添付のマニュアルはシンプルですが、英語の次に日本語のページも含まれています。

とりあえず、このキーボードドックは、ドック機能も含んでいるので、形として持ち運びに適した形ではありませんが、無理やり持っていけば、そこいらのノートパソコンと充分対抗できるのではないかと思います。

Related Posts (YARPP)

-デジタル機器
-,