退屈な日々

退屈なれど、物欲強し

デジタル機器

CASIO EXILIM EX-G1 が届きました

年末に発注していたデジカメ、CASIO EXILIM EX-G1 がようやく届きました。

どんなカメラか簡単に説明すると、CASIOの腕時計で有名なG-SHOCKのデジカメ版です。

なぜかアメリカでは発売されましたが、日本では未発表の機種です。

こちらの記事を見て、なんともかっこがいいスタイルに惹かれて、思わず注文してしまいました。

届いた箱はこんな感じ。ちょっとごつい感じが伝わってきます。

R0010790.jpg

側面から見るとこんな感じです。

R0010809.jpg

裏面はこんな説明書きがあります。

R0010810.jpg

さっそく箱を開けてみると、

R0010792.jpg

本体が見えてきます。

本体の下には、マニュアル、USBケーブル、バッテリ、充電器、充電ケーブル、CDなどが入っています。

耐水性も備えているため、バッテリドアの開け方について特に1枚の注意書きも付いており、これは日本語でも書かれています。

もしかしたら日本語マニュアルもついているかなとも思いましたが、残念ながら英語とスペイン語(だと思う)のみでした。

本体はブラックとレッドがありますが、私が選んだのはもちろんレッド。

R0010794.jpg

ちょっとオレンジ色っぽくなっちゃってますが、鮮やかなレッドです。

裏面の液晶画面も大きく見やすくできてます。

R0010802.jpg

厚みは、耐衝撃性のデジカメとして最薄というだけあって、薄いです。

R0010804.jpg

これだけだとよくわからないので、新書と比べてみました。

R0010805.jpg

薄くできてますが、ホールド感は悪くはないです。

うれしい誤算だったのは、使用言語で日本語が選択できたこと。

バッテリを充電し、起動した最初の画面で使用言語を選択できるんですが、その中に日本語が入ってます。

マニュアルの一部に日本語が印刷されていたり、使用言語に日本語があることからして、遠からず日本でも発売されるのではないかと思われますが、どうなんでしょうか。

ポケットやカバンに、ポイッと放りこんでおけるデジカメが欲しかったので、そんな目的にはちょうどいい手頃なデジカメだと感じています。

まだ実写していないので、なんとも言えませんが、タフなデジカメとして活躍してくれそうです。

-デジタル機器
-,